文書通信交通費10月分100万円、徴収して寄付 日本維新の会

日本維新の会の松井一郎代表(大阪市長)は15日、先月の衆院選で当選した党所属議員に対して衆議院から支払われる10月分の文書通信交通滞在費100万円を党で集める方針を明らかにした。
集めた文書通信交通滞在費は被災地やコロナ禍で苦しむ人々の支援策に充てるよう寄付するという。
衆議院の担当者によると、文書通信交通滞在費は1カ月あたり100万円。1日でも在職すれば、100万円全額が支払われる仕組みで、先月31日の衆院選で当選した議員にはすでに支払われたという。「文書通信交通滞在費を戻すことは法規上想定されていないので、返納は行われていない」とする。
松井氏は15日、記者団の取材に対し、初当選の議員からは全額、先月14日の解散時まで現職だった議員からは使用額を除いて集めると説明。「経費なのに使っていない分を返せないのが、そもそもおかしい。永田町の常識は世間とかけ離れている」とし、文書通信交通滞在費のあり方を見直すべきだと主張。未使用分を返納できるようにする法案の国会提出を目指す考えを示した。