森下千里氏が宮城5区で再挑戦へ ツイッターで前向き発言

先月の衆院選で自民党公認候補として宮城5区から出馬して落選していた元タレントの森下千里氏(40)が15日までにツイッターを更新。今後も同区で活動を続ける意向を示している。
森下氏は「支部長幹事長会議が行われました。私の自民党宮城県第五選挙区支部 支部長への再任に向けての話がありました。これからも挑戦できるよう、温かいエールをいただきました!!」と同区での再挑戦に前向きなツイートをしていた。
また、自民党の宮城県議である菊地恵一氏も「『森下千里第五選挙区支部長の支部長再任を党本部に上申すること』に全会一致の賛同をいただきました」と報告のツイートをしている。
森下氏は先の衆院選で立憲民主党の安住淳国対委員長に挑み、破れていた。