実は政局好き…!?岸田首相が仕掛ける周到な「安倍潰し」の内幕

岸田文雄首相は、林芳正外務大臣を国会席次「ナンバー3」とした。林は、第二次岸田内閣で唯一の新任閣僚だ。
首相官邸における閣僚応接室席次も、首相をはさんで左隣が野田聖子内閣府特命担当大臣、右隣が林外相となる。岸田首相は、林外相を河野太郎や小泉進次郎に対抗できる「スター」に育て上げたいと目論んでいる。そうしなければならない事情があるのだ。
「岸田政権は、名実ともに安倍派となった清和研究会を追い落とし、伝統の宏池会政権の時代を築きたい。いつまでも安倍派の言いなりにならないために長期の権力維持をしなければならないんです。
人畜無害で一見頼りなさそうに見えますが、総選挙に勝っていよいよ党内掌握に動き出しましたね。政界最強といわれた安倍晋三元首相を、『過去の人』へと追いやる腹です」
こう語る麻生派議員は、岸田人事は「権力構図の塗り替え」を国民に印象づけるセレモニーなのだ、と解説した。そして、どこかの段階で一気に攻勢に出るだろうというのである。
別の有力議員もこう言う。
「自民党としては勝った総選挙でした。が、選挙情勢調査の杜撰を指摘する安倍元首相の激しいクレームから甘利幹事長が辞任に追い込まれた。対抗手段として、安倍、麻生から難癖をつけられない人材=茂木敏充氏を幹事長に起用し、返す刀で林外相を押し切った。
一方で、対中政策強硬論の中谷元・元防衛相を首相補佐官に任命。これは、安倍さんをなだめるための綱渡り人事。正面衝突は回避しながらも、対抗勢力の首をじわじわと絞めていくという権力掌握作戦なのです。
ぬえのような政治家、じつは、これが岸田文雄という政治家の本性です」
安倍の影響力をそぎ落としていかなければ政権を盤石にすることはできない。安倍再々登板を唱える勢力がいまなお党内にいるからだ。総裁選で高市早苗を支持したのは、この安倍勢力なのだ。
「岸田首相の無念は、宏池会事務総長を20年以上務め、岸田の参謀役として献身した望月義夫元衆院議員の早世です。存命なら岸田内閣の官房長官でした。
2年前、容態が悪化した望月さんは、駆けつけた岸田さんに『支えられず申し訳ない』と言い残した。岸田総理総裁が実現した今、ここからの党内権力闘争を、岸田は参謀不在で闘わなければならない」(岸田首相周辺議員)
岸田事務所には、望月氏の菩提寺から届いた札が今も祀られている。
岸田はさっそく、官邸の組織改編に着手した。内閣官房の39の「分室」のうち、感染症対策を担当する3分室を「新型コロナウイルス等感染症対策推進室」に一本化。安倍政権当時に設けた「1億総活躍推進室」「人生100年時代構想推進室」など4分室を「不要」と判断し、廃止した。
「コロナ対策司令塔を簡潔にして、スピーディーな対応に。1億総活躍と人生100年推進室は十分に機能していない」
岸田首相はそう言って、安倍の作ったチームをばっさり切り捨てたのだ。
その一方で、菅義偉前首相に「新型コロナ第6派対応への協力」を要請し、二階幹前幹事長を引き続き国土強靱化推進本部長、2025年大阪・関西万博推進本部長とした。「安倍・麻生」との全面戦争へ、布陣は出来上がった。
岸田側近が言う。
「岸田政権は、池田勇人、佐藤栄作、田中角栄、大平正芳の流れをくむ自民の本流。アベノミクスの新自由主義的な株主重視政策から脱却し、労働者への目配り、分配を打ち出す新しい資本主義を目指すと言っています。岸田政権は長期政権を目指せる体制を整えているのでしょう」
しかし総選挙で大きく打ち出した「10万円交付」は、「現金」+「クーポン」にすり替わった。「クーポン交付」のために、また中間業者が潤うのだろうか。それでは、まず必要な国民の信頼は得られない。党内の論理より国民の幸福を優先する気概は期待できるのか。
伝統の宏池会から輩出した久しぶりの首相、岸田文雄。経済政策に長けた頭脳派・宮沢喜一以来の宏池会出身首相が挑む「経済対策」と「安倍潰し」は、はたして…。今後の政局から目が離せない。
取材・文:岩城周太郎