ツイッターで「ケンタッキー」とつぶやく人が続出…なぜ? ケンタッキーの広告“召喚”がブームに

ツイッターで「ケンタッキー」とつぶやく人が続出している。きっかけはあるユーザーによる「Twitter、とりあえずケンタッキーって言葉を呟いとけば広告がケンタッキーになるので興味ない広告を見なくてすむかもしれない」との投稿で、15日にはケンタッキーフライドチキンの公式アカウントも突如「ケンタッキー」とつぶやき、大盛り上がりとなった。16日にもケンタッキーの広告を求めて「ケンタッキーケンタッキーケンタッキー」などと投稿する人が相次いでいる。
ツイッターでは、ツイートや検索に基づくターゲティング広告を行っており、ツイートや検索からユーザーの役に立ち、興味を引くと思われる広告を表示するといった仕組みを採用している。つまり「ケンタッキーって言葉を呟いとけば広告がケンタッキーになる」との投稿の通り、「ケンタッキー」とつぶやけば、ケンタッキーに興味があるとみなされ、ケンタッキーの広告が表示される可能性があるというわけだ。
きっかけとなったツイートと、ターゲティング広告の仕組みが面白がられ、ユーザーたちはこぞって「ケンタッキー」とツイート。ツイッター上のブームに気づいたケンタッキーの公式アカウントも「ケンタッキー」とつぶやき、「公式さんまでケンタッキーwww」「公式がやっていて草」「なんかシュールだね」などとツイ民を沸かせた。
「やたらケンタッキーがTLにでてくる」「TLがケンタッキーで溢れてるんだけど、何かあったのかな」といった声も散見されるほどのにぎわいとなっているケンタッキーの広告。「ガデテル(スマホゲームのガーディアンテイルズ)のこと呟いたらほんとに広告がガデテルだらけだ。ケンタッキーケンタッキーケンタッキー」「ケンタッキー!ケンタッキー!ケンタッキーケンタッキーケンタッキー!ケンタッキー!!!こんなもんでいかがかしら!」「なるほど、姉が急にケンタッキーだけ呟くのは広告のためか ケンタッキーケンタッキーケンタッキー」などとケンタッキーを連呼して、試みるユーザーも数多い。また、ケンタッキーの広告が表示されたユーザーからは「ケンタッキー召喚できた」との喜びの声も届いている。
ツイ民が楽しんでいる“ケンタッキー召喚”だが、「たしかにつまんなそうなゲームとか訳のわかんない広告より美味しそげなケンタッキーのほうがよいね」「これでエロ漫画の広告見なくて済むのか~!!」「ケンタッキーにそんなライフハックな利用法が…!!」などと、ターゲティング広告の仕組みを逆手に取り、不適切な広告を表示させないテクニックとして歓迎されている。また、「みんながケンタッキーって言うからケンタッキー食べたい」といった書き込みも多く、従来のターゲティング広告以上に効果があったようだ。