「紀子さま」父死去で「佳子さま」に秋篠宮家の命運を託される決意

11月6日、秋篠宮ご夫妻は紀子さまの父親で学習院大名誉教授の川嶋辰彦氏(享年81)の葬儀に参列された。90日間にわたって喪に服されることになった紀子さまは、秋篠宮家の命運を佳子さまに託される決意をされているという。
【写真】小室夫妻“おそろい”の指輪で会見、“切ない表情”で見送られる紀子さま〈写真49枚〉「秋篠宮家の関係者に聞くと、紀子さまは小室圭さんと眞子さんの結婚を祝福されてはいます。ただ、もう少しやり方があったのではないか、あったとしたらどこだったのか、子育てを間違えたのかもしれないなど、今回の騒動に関してご自身を責めるような思いでいらっしゃるようです」

 と、宮内庁の担当記者。佳子さまの双肩に「秋篠宮家と小室家とが顔合わせをした後、様々なやり取りの中で圭さんの母・佳代さんは元婚約者の存在や元婚約者からの送金の事実について伝えており、秋篠宮ご夫妻は問題ないと判断されたといいます。その点についてもう少しやりようがなかったかという点や、小室家について身上調査のようなものを今回は行っていないことについても、慎重であるべきだったのではないかとお考えになっているということでした」民間人としてどう生きるべきか「子育て」についてはどうか。「眞子さんは本当にピュアな方です。今回の結婚についても、好きな相手と一緒にいたい、結婚して子供を産み家庭を作っていきたい、皇族であろうとなかろうとそう考えることは自然ではないのか……というふうに自身に考えをご夫妻にぶつけてきたといいます」(先の記者) 秋篠宮さまや紀子さまは、国民の理解あっての皇室であることや、悠仁さまという将来の天皇陛下の姉君という立場の重大さについて説得を続けられたという。それが眞子さんの心に響いた可能性はあるが、心を動かすまでには至らなかった。「眞子さんや佳子さまはこれまで、“あなたたちはここから出て行く立場の人たちなのですよ”とご夫妻から言われて育ってきました。赤坂御用地内での生活よりもそこを出て民間人として送る時間の方がはるかに長く、そのためにどうすべきかを考えるようにと教えられ、お二人は生きてきた。眞子さんとすれば、それは女性としての幸せを追求し、社会で強く生きることであり、その答えが圭さんとの結婚だったのでしょう」そう遠くない時期に発表 別の記者にも聞いてみると、「皇籍離脱をした後であっても、現代の皇室と国民とをつなぐ、良い意味での象徴的な存在になることが眞子さんには期待されてきました。しかし、色んなものを置き去りにした今回の結婚でそれも難しくなってしまった。その意味で、宮内庁内で落胆の声は大きいですね」 一方で、そうした存在として振舞われることを佳子さまに期待することになっていくのだろうか。「眞子さんが秋篠宮邸を去る際に佳子さまに抱きしめられるようなシーンがあり、話題となりましたよね。反響を呼んだシーンでしたが、宮内庁の人は“普段はああいったことをなさらない”と話していました。佳子さまはもとより眞子さんの結婚の応援団で、個人が尊重されるべきだというお考えの持ち主。それをカメラの前でアピールされたかったのではないかという指摘もありました」(同) 佳子さまの結婚については、「川嶋名誉教授の死去で喪が明けるまでの期間はもちろんありませんが、そう遠くない時期に何らかの発表がありそうな気配があります。そして紀子さまは、それに秋篠宮家の命運を託されているということでした」 それは、今回の結婚をめぐる騒動で秋篠宮家への風当たりがかなり強まったことを認識されていることの表れだとし、「紀子さまは、秋篠宮さまが天皇に即位した際に皇后として、そして悠仁さまが即位した時には天皇の母として重責がその双肩にかかることを大いに自覚されています。国民からの信頼を改めて積み重ねたいという思いだと聞きました。そのためにも、佳子さまの結婚こそは丁寧かつ慎重に進めたいということのようです」デイリー新潮編集部2021年11月16日 掲載
「秋篠宮家の関係者に聞くと、紀子さまは小室圭さんと眞子さんの結婚を祝福されてはいます。ただ、もう少しやり方があったのではないか、あったとしたらどこだったのか、子育てを間違えたのかもしれないなど、今回の騒動に関してご自身を責めるような思いでいらっしゃるようです」
と、宮内庁の担当記者。
「秋篠宮家と小室家とが顔合わせをした後、様々なやり取りの中で圭さんの母・佳代さんは元婚約者の存在や元婚約者からの送金の事実について伝えており、秋篠宮ご夫妻は問題ないと判断されたといいます。その点についてもう少しやりようがなかったかという点や、小室家について身上調査のようなものを今回は行っていないことについても、慎重であるべきだったのではないかとお考えになっているということでした」
「子育て」についてはどうか。
「眞子さんは本当にピュアな方です。今回の結婚についても、好きな相手と一緒にいたい、結婚して子供を産み家庭を作っていきたい、皇族であろうとなかろうとそう考えることは自然ではないのか……というふうに自身に考えをご夫妻にぶつけてきたといいます」(先の記者)
秋篠宮さまや紀子さまは、国民の理解あっての皇室であることや、悠仁さまという将来の天皇陛下の姉君という立場の重大さについて説得を続けられたという。それが眞子さんの心に響いた可能性はあるが、心を動かすまでには至らなかった。
「眞子さんや佳子さまはこれまで、“あなたたちはここから出て行く立場の人たちなのですよ”とご夫妻から言われて育ってきました。赤坂御用地内での生活よりもそこを出て民間人として送る時間の方がはるかに長く、そのためにどうすべきかを考えるようにと教えられ、お二人は生きてきた。眞子さんとすれば、それは女性としての幸せを追求し、社会で強く生きることであり、その答えが圭さんとの結婚だったのでしょう」
別の記者にも聞いてみると、
「皇籍離脱をした後であっても、現代の皇室と国民とをつなぐ、良い意味での象徴的な存在になることが眞子さんには期待されてきました。しかし、色んなものを置き去りにした今回の結婚でそれも難しくなってしまった。その意味で、宮内庁内で落胆の声は大きいですね」
一方で、そうした存在として振舞われることを佳子さまに期待することになっていくのだろうか。
「眞子さんが秋篠宮邸を去る際に佳子さまに抱きしめられるようなシーンがあり、話題となりましたよね。反響を呼んだシーンでしたが、宮内庁の人は“普段はああいったことをなさらない”と話していました。佳子さまはもとより眞子さんの結婚の応援団で、個人が尊重されるべきだというお考えの持ち主。それをカメラの前でアピールされたかったのではないかという指摘もありました」(同)
佳子さまの結婚については、
「川嶋名誉教授の死去で喪が明けるまでの期間はもちろんありませんが、そう遠くない時期に何らかの発表がありそうな気配があります。そして紀子さまは、それに秋篠宮家の命運を託されているということでした」
それは、今回の結婚をめぐる騒動で秋篠宮家への風当たりがかなり強まったことを認識されていることの表れだとし、
「紀子さまは、秋篠宮さまが天皇に即位した際に皇后として、そして悠仁さまが即位した時には天皇の母として重責がその双肩にかかることを大いに自覚されています。国民からの信頼を改めて積み重ねたいという思いだと聞きました。そのためにも、佳子さまの結婚こそは丁寧かつ慎重に進めたいということのようです」
デイリー新潮編集部
2021年11月16日 掲載