西宮神社「福男選び」来年も中止…感染拡大防止対策で 2年連続は55年ぶり

全国のえびす神社の総本山、西宮神社(兵庫・西宮市)は15日、新型コロナウイルス感染拡大防止対策として、例年1月10日に行われる「福男選び」を来年も中止すると発表した。今年に続き2年連続で、同神社によると1966、67年以来55年ぶり。
「福男選び」は、エントリーした参拝者が午前6時の「表大門」開門と同時に本殿への一番乗りを目指して走り抜ける伝統神事。先着3人を「一番福」から「三番福」に認定している。
来年は、今年と同様「開門神事」として午前6時の開門と同時に参拝者を徒歩で本殿に誘導する予定。