傷害容疑で小学校教諭逮捕、島根 男児に馬乗りで暴行

島根県警は17日、同県大田市立大田小で10代の男児に馬乗りになって暴行し、けがを負わせたとして傷害容疑で、同校の教諭伊藤一容疑者(57)=同市大田町=を逮捕した。大田署によると「私がやったことに間違いない」と容疑を認めている。
逮捕容疑は11日午後1時ごろから同25分ごろまでの昼休みに、同校の視聴覚室で、男児の足を払ってあおむけに倒して馬乗りになり、男児の肩に膝を押し当てるなど暴行。右上腕に約1週間の打撲を負わせた疑い。
署によると、男児の上履きの脱ぎ方を注意すると、男児が物を投げてきたため「かっとなって暴力を加えた」と話しているという。