「自己肯定感の低い人」が結構している陰湿な攻撃

自己肯定感が低いゆえの「自己防衛」によって、人を傷つけていることもあります(写真:Pangaea/PIXTA)
自己肯定感の低い人は、意識的、あるいは無意識的に自分が傷つかないために、さまざまな自己防衛策を講じますが、これが人間関係を難しくしていることが少なくありません。本稿では、自己肯定感が低いゆえに権力志向や、コントロール志向のある人がしている「受動的攻撃」について、心理療法士として長い経験を持つシュテファニー・シュタール著『「本当の自分」がわかる心理学』より紹介します。
子どもの頃に抱いた「信念」から、人は自分がこれ以上傷つかないように「防衛戦略」をとるようになるということは、前回の記事でもお伝えしたと思います。今回は、その防衛戦略のうち、「コントロール志向」と「権力志向」がある人について掘り下げてみたいと思います。
「権力志向」と聞くと、強い上昇志向のある人間を思い浮かべるかもしれませんが、実は、そんなことはありません。権力で自己防衛しようとする人は、自分の立場が相手よりも下になると、自分は攻撃されて傷つけられてしまうという、行き過ぎた不安を抱えている人なのです。
このような人たちは、子どものころに「親の言いなりになるしかない」と何度も感じた経験から、いつでも「相手は自分よりも権限を持っていて、自分を支配する存在」だと認識しています。決して、自分がすぐれていると思って威張ろうとしているわけではありません。ただ、支配的だと感じられる相手に対して引き下がるのではなく抵抗しているだけで、抵抗することで相手よりも優位に立って、自分を守ろうとしているのです。
その際、戦略として「能動的抵抗」か、あるいは「受動的抵抗」のいずれかを選んでおり、たいていの人はケースに応じてどちらも使っています。これらの抵抗は、権力志向者だけではなく、誰もが自分の安全領域を守るために必要に応じて使っているのですが、権力欲求やコントロール欲求が強い人の抵抗には、特別な意味合いがあります。
「能動的攻撃」とは、自分の権利を主張するために争い、相手を抑え込むような行動であるため、この攻撃が起こっていることは誰にでもすぐにわかります。それに比べて「受動的攻撃」もしくは「受動的抵抗」が起こっていることは、周囲の人からはわかりません。
「受動的攻撃」とは、相手に自分の意志をはっきりと伝えずに、大なり小なりのサボタージュをすることで、相手に身を任せるのを拒むことをいいます。要は、期待されていることをきちんと行わないのです。約束してもその約束を覚えておかないようにしたり、簡単に破ったり、あるいはじれったいほどゆっくりと実行したりします。
また、典型的な「受動的攻撃」として、いわゆる「壁をつくる」という行動をしめすこともあります。相手をその壁にぶつからせることで、相手の懇願や嘆願を受けつけないようにするのです。こうした人は、自分が相手にそのような障害を作っているにもかかわらず、心の中では「私が妥協しなければいけないことが多過ぎる」と思っています。そのため、相手が多少苦労することは当然だと思っています。
私のクライアントの1人を例に挙げてみましょう。彼は、自分の故郷にずっと住んでいたかったのですが、妻のために仕方なく引っ越すことになりました。これにより彼は潜在意識下で妻をうらみ、それ以降、妻と性行為をする気になれなくなってしまいました。
性的意欲をなくすことは、受動的攻撃として男女関係なく、よく使われる手段です。このちょっとした例からも、「自分の決断に対して責任を負う」ことが、ひとりの自立した人間として、いかに重要であるのかがわかると思います。
このクライアントは、自分のことを「妻に支配されている被害者」だと潜在意識下で思っていますが、実際には自ら進んで自分の願望(引っ越さずにいたいという願望)を抑えたのですが、彼はそうした自分を理解していません。ワガママな妻に合わせている可哀そうな夫だと思っています。
頑固な性質は、受動的攻撃と密接に関係しています。自分の思うことを妥協せずかたくなに実行する人は、相手に無力感を抱かせるといった強力な攻撃を仕掛けていることになるのです。
もちろん、能動的に攻撃を仕掛ける人も相手を怒らせますが、少なくとも自分がそうしていると自覚しており、その点では自分の行動に責任を持っているといえます。これに対して、受動的攻撃者は、隠れ蓑を着て攻撃しているようなもの。
たとえば夫婦の話し合いで、妻が夫に対して強情な態度を示したら、夫はその態度にかっときて、やり場のない怒りでこぶしを振り回すでしょう。すると、最終的にはこの夫が悪い人になってしまいます。
周りの人から悪いと思われる人は、怒りを表現したり、相手を攻撃をしている人であって、相手の潜在意識を操作することで関係をボイコットしている受動的攻撃者ではないからです。
コントロール欲求や権力欲求が強い人は、人間関係では苦労します。なぜならそのような人は、自分の思う通りに物事を進めたいがために、つねに自分が権力を握れるようにしたり、有益な関係でも受動的攻撃で拒んでしまったりするからです。
こうした人は、自分のことを「劣っている存在」だと認識しています。幼い頃に、支配的な親にそのようにされてしまった被害者だと思い込んでしまったのです。そして親の姿を相手に投影し、その相手が常に、「自分よりも優位に立ち、自分を支配する存在」だと考え、「抵抗しなければいけない」と強く思うようになります。そこで彼らは、権力を握ってふりかざすことで、自分が絶対に感じたくない無力感をその相手に感じさせるのです。
権力志向者は、他者に対して「強い要求」もします。彼らの多くは「私は雑に扱われる!」という無意識の信念を持っており、この信念から、どんな些細なことからも、すぐに「私は人に利用されてしまう」と考えるのです。
それゆえ、彼らは自分の身を守るために、「自分の損になるようなことは絶対にさせない」と決意し、自分の欲求を満たすよう他者に威圧的に要求するようになったのです。しかもその際、自分が与えるものよりも多くのものを相手に要求します。自分が利用され、消費されないために、そうするのです。そのうえ、自分自身のしていることを理解していません。信念によって、自分はむしろ被害者側にいると思い込んでいるからです。そのため、彼らの周りの人は「この人のご機嫌取りをしなければならない」という気持ちになってきます。これでは、健全な人間関係を築くのは難しいと言わざるを得ないでしょう。こうした人が健全な人間関係を築くには、不必要な争いをやめてリラックスする必要があります。幼い頃の親との「支配者-被支配者」の関係ではなく、対等な関係を築くレッスンをしていく必要があるのです。
それゆえ、彼らは自分の身を守るために、「自分の損になるようなことは絶対にさせない」と決意し、自分の欲求を満たすよう他者に威圧的に要求するようになったのです。しかもその際、自分が与えるものよりも多くのものを相手に要求します。自分が利用され、消費されないために、そうするのです。
そのうえ、自分自身のしていることを理解していません。信念によって、自分はむしろ被害者側にいると思い込んでいるからです。そのため、彼らの周りの人は「この人のご機嫌取りをしなければならない」という気持ちになってきます。これでは、健全な人間関係を築くのは難しいと言わざるを得ないでしょう。
こうした人が健全な人間関係を築くには、不必要な争いをやめてリラックスする必要があります。幼い頃の親との「支配者-被支配者」の関係ではなく、対等な関係を築くレッスンをしていく必要があるのです。