立憲・泉政調会長が立候補表明 西村氏も意向固める

30日に行われる立憲民主党の代表選挙を巡り、泉健太政調会長が正式に立候補を表明しました。西村智奈美議員も立候補の意向を固めました。
泉健太政調会長:「我が党が背負ってしまっている負のイメージを、やはり前向きなイメージに転換していかなければいけない。党改革の先頭に立ちたい」
また、菅元総理のグループが擁立を目指していた西村議員は17日午前、代表選挙に立候補する意向を固め午後、正式に表明します。
党内最大のリベラル系グループが支持する逢坂誠二前政調会長も、この後、立候補表明の会見を開きます。
また、立候補を模索している小川衆議院議員や、大串役員室長は20人の推薦人確保に向け、働き掛けを続けています。