【速報】自殺の元職員 公務災害記録開示 森友学園問題

自殺した近畿財務局職員の公務災害の認定に関する文書を、人事院が、妻の雅子さん側に開示したことがわかった。
近畿財務局の職員だった赤木俊夫さん(当時54)は、学校法人「森友学園」との土地取引に関する公文書改ざんを指示されたことを苦に、3年前に自殺した。
妻の雅子さんは、「公務災害」の認定に関する文書の開示を求めたが、2019年、人事院が開示した資料のほとんどは黒塗りで、多くの内容が不開示とされていた。
しかし、人事院は10月、不開示決定を取り消し、11月8日付で、およそ70ページに及ぶ文書を開示したという。