暴力団員は借りられない コロナ貸付金詐取で暴力団幹部を逮捕 バー経営で“身分”偽り不正申請

バーを経営する暴力団幹部の男が、新型コロナ貸付金制度を不正に申し込んだ疑いで、警視庁荏原署に逮捕された。
指定暴力団住吉会系幹部の小林芳晴容疑者(55)は去年、新型コロナの影響で収入が減った人が利用できる緊急小口資金の貸付制度に、暴力団組員である事を隠して申し込み、現金80万円を騙し取った疑いが持たれている。
小林容疑者は茨城県内でバーを経営し、荏原署の調べに対して「コロナで店の売り上げが無く、生活できなくなった。金は生活費に使った」と容疑を認めているという。