小室圭さん・眞子さん夫妻のNY新居は「元プリンセス」にふさわしい超豪華仕様

秋篠宮家の長女・小室眞子さん(30)と夫・小室圭さん(30)が11月14日より米ニューヨークでの新婚生活をスタートさせた。
【写真】夫妻が住んでいるとされる物件の間取りの一例(間取り図を紹介) 英タブロイド紙『デイリー・メール』は、夫妻が新居に到着した瞬間の写真をとらえている。同紙によると、ふたりが暮らすのはニューヨーク・マンハッタンのクリントン地区にある「ヘルズキッチン」と呼ばれるエリアだ。同地区は、ロックフェラー・センターやタイムズスクエアなどが集まるミッドタウンエリアから約1キロメートルという好立地。近くには公園や水辺などがあり、ブロードウェイ・シアターまで歩いて15分ほどと、文化的な見どころも多くある。

 ふたりが暮らす賃貸アパートは、日本の大手不動産会社が現地のディベロッパーと共同で手がけたもの。ハイクラスのビジネスパーソンや弁護士、医師などをメインターゲットとした物件だという。現地ディベロッパーのホームページでは「高級賃貸住宅」とも紹介されている。 同紙によると、居住する部屋は70平米前後の広さ。寝室ひとつとリビンダイニングにシャワールームという間取りだ。新婚夫婦の部屋としては“やや広い”くらいだが、その備え付けの家具が目をみはる。洗濯機や乾燥機など、家電製品はボッシュ製(ドイツの大手メーカー)の最新機種が用意されているほか、コーリアン製(人工大理石)の洗面カウンターにモザイクタイル、最新のカスタムクローゼットなども設置されており、まるで撮影スタジオのように洒落ている。 マンション共有部もゴージャスだ。エントランスにはドアマンがいて24時間の有人管理。また、ペロトン社(アメリカで人気のエクササイズ機器メーカー)製のバイクを備えたフィットネスセンターとヨガスタジオが設けられている。さらにパノラマビューが楽しめるルーフトップ・サンデッキもあり、外に出て日光浴もできる。 このほか、バーベキューなども楽しめる景観の良い屋外デッキ、図書館や映画上映ルーム、ペットケアセンター、ゴルフシュミレーターに会議室と、至れり尽くせりの設備によってマンションから1歩も出ずとも充実した日々を過ごすことができる。 地元の不動産関係者も、小室夫妻の新居の住み心地の良さには太鼓判を押す。「ここの賃貸マンションは居住者同士が顔を合わせない、シームレスな入退去ができる点でも人気があります。一方で、ニューヨークのこうした高級賃貸アパートでは、居住者向けのイベントも行われます。最近ではワインの試飲会、ハロウィンパーティーなどが行われています」(地元の不動産関係者) 元プリンセスが新婚生活を送るのにふさわしい物件だが、家賃は最低でも4300ドル(日本円にして約50万円)からと高額だ。小室さんは米国ニューヨーク州の司法試験で不合格だったため、勤務先の法律事務所では法務助手(ロー・クラーク)として勤め、年収は600万円前後になると報じられている。家賃を支払うだけで稼ぎが消えてしまう計算だ。 ニューヨークで夫婦生活を続けていくためには、小室さんが来年2月の司法試験に再挑戦して合格することが必須となる。
英タブロイド紙『デイリー・メール』は、夫妻が新居に到着した瞬間の写真をとらえている。同紙によると、ふたりが暮らすのはニューヨーク・マンハッタンのクリントン地区にある「ヘルズキッチン」と呼ばれるエリアだ。同地区は、ロックフェラー・センターやタイムズスクエアなどが集まるミッドタウンエリアから約1キロメートルという好立地。近くには公園や水辺などがあり、ブロードウェイ・シアターまで歩いて15分ほどと、文化的な見どころも多くある。
ふたりが暮らす賃貸アパートは、日本の大手不動産会社が現地のディベロッパーと共同で手がけたもの。ハイクラスのビジネスパーソンや弁護士、医師などをメインターゲットとした物件だという。現地ディベロッパーのホームページでは「高級賃貸住宅」とも紹介されている。
同紙によると、居住する部屋は70平米前後の広さ。寝室ひとつとリビンダイニングにシャワールームという間取りだ。新婚夫婦の部屋としては“やや広い”くらいだが、その備え付けの家具が目をみはる。洗濯機や乾燥機など、家電製品はボッシュ製(ドイツの大手メーカー)の最新機種が用意されているほか、コーリアン製(人工大理石)の洗面カウンターにモザイクタイル、最新のカスタムクローゼットなども設置されており、まるで撮影スタジオのように洒落ている。
マンション共有部もゴージャスだ。エントランスにはドアマンがいて24時間の有人管理。また、ペロトン社(アメリカで人気のエクササイズ機器メーカー)製のバイクを備えたフィットネスセンターとヨガスタジオが設けられている。さらにパノラマビューが楽しめるルーフトップ・サンデッキもあり、外に出て日光浴もできる。
このほか、バーベキューなども楽しめる景観の良い屋外デッキ、図書館や映画上映ルーム、ペットケアセンター、ゴルフシュミレーターに会議室と、至れり尽くせりの設備によってマンションから1歩も出ずとも充実した日々を過ごすことができる。
地元の不動産関係者も、小室夫妻の新居の住み心地の良さには太鼓判を押す。
「ここの賃貸マンションは居住者同士が顔を合わせない、シームレスな入退去ができる点でも人気があります。一方で、ニューヨークのこうした高級賃貸アパートでは、居住者向けのイベントも行われます。最近ではワインの試飲会、ハロウィンパーティーなどが行われています」(地元の不動産関係者)
元プリンセスが新婚生活を送るのにふさわしい物件だが、家賃は最低でも4300ドル(日本円にして約50万円)からと高額だ。小室さんは米国ニューヨーク州の司法試験で不合格だったため、勤務先の法律事務所では法務助手(ロー・クラーク)として勤め、年収は600万円前後になると報じられている。家賃を支払うだけで稼ぎが消えてしまう計算だ。
ニューヨークで夫婦生活を続けていくためには、小室さんが来年2月の司法試験に再挑戦して合格することが必須となる。