木下富美子都議は今日も欠席 議運は24日に再度フルボッコ質疑を要請へ

無免許運転で人身事故を起こして書類送検された木下富美子都議(55)は18日、都議会の議会運営委員会を体調不良を理由に欠席した。本来なら自民党など5会派から2度の辞職勧告決議についての受け止めなどを追及される予定だった。
同委員会は再度、木下氏に質疑への出席を求めることを確認。24日にこの日できなかった質疑を行うことを決めた。木下氏へは準備が整い次第、本日中にメールを含めて出席の依頼状を送付することになる。
同委員会の小宮あんり委員長は「ご体調のことなのでそのように受け止めるが、都議会は都民生活にかかわることを決めていく責任がある。その意味を木下氏には理解していただいて24日には出席していただきたい」と期待した。
木下氏に対しては除名処分を求める声もある。小宮氏は「除名に関しては、それ以前に私たちは議員として辞職すべきという決議をしている。そこを求めていきたい」と木下氏が自らケジメをつけるべきだと訴えた。