西村氏、推薦人を確保=立民代表選あす告示

19日告示の立憲民主党代表選をめぐり西村智奈美元厚生労働副大臣(54)は18日午前、自らを支持する議員の会合で、出馬に必要な推薦人20人を確保したと明らかにした。
これにより代表選は、既に立候補を正式表明済みの泉健太政調会長(47)、逢坂誠二元首相補佐官(62)と合わせた3人以上による争いとなることが固まった。
西村氏は衆院議員会館で開かれた会合で代表選出馬の意向を改めて表明。「世の中の理不尽を減らしていくため、党の先頭に立って頑張っていきたい」と強調した。
西村氏は衆院新潟1区選出で当選6回。17日の記者会見で出馬に向けた決意を示したものの、推薦人が集まっていないと説明していた。
代表選の投開票は30日。他に大串博志役員室長(56)と小川淳也元総務政務官(50)が立候補を検討している。