民家から逃げ出したダチョウ、飼い主「車の音に驚いて」…警察は「見つけても近づかないで」

17日午後3時15分頃、群馬県嬬恋村の民家からダチョウ1羽が逃げ出した。
長野原署がパトカーで周辺を巡回するとともに、住民に注意を呼びかけている。同日午後9時現在、ダチョウは発見されていない。
同署によると、逃げ出したのはメスで、体長2・5メートルほど。飼い主は「車の音に驚いて逃げた」と午後5時頃に110番した。人に危害を加える可能性は低いが、同署は「見つけても近づかないで、警察に通報してほしい」としている。