岸田内閣、平均9441万円=トップは野田氏、首相4位―閣僚資産

政府は19日、今年10月に発足した第1次岸田内閣の岸田文雄首相と閣僚20人の資産を公開した。
生計を共にする家族分を含めた総資産の平均は9441万円で、菅義偉前内閣を1211万円下回った。首位は野田聖子少子化担当相の2億8553万円。首相は4位で2億868万円だった。
首相は、東京都渋谷区の自宅、地元広島にある住宅(広島市南区)などの不動産計1億7595万円や、定期預金1000万円を報告した。
トップの野田氏は、夫が所有する米国・ハワイの住宅1億5878万円が資産額の半分以上を占めた。野田氏本人は日本郵政など5銘柄、計1万8463株、ゴルフ会員権1口を保有している。
2億円を超えたのは斉藤鉄夫国土交通相と岸信夫防衛相。斉藤氏は夫婦で1億8489万円の金融資産を保有。岸氏の内訳は1億7170万円の金融資産、ゴルフ会員権2口、絵画3点など。
最も少なかったのは牧島かれんデジタル相で、「資産ゼロ」。衆院選後に外相から自民党幹事長に転じた茂木敏充氏は8339万円だった。第2次内閣で就任した林芳正外相は対象外。
公開されたのは、岸田内閣が発足した10月4日時点で、本人、配偶者、扶養する子どもが持つ資産。土地と建物の評価額は固定資産税の課税標準額。預貯金は普通預金と当座預金は含まれていない。