日大理事長、1億円所得隠しか=自宅から現金2億円超―東京地検が捜査

日本大学医学部付属板橋病院(東京都板橋区)をめぐる背任事件で、日大の田中英寿理事長(74)が、昨年までの過去3年間で約1億円の所得を税務申告していない疑いがあることが18日、関係者への取材で分かった。
東京地検特捜部は、所得税法違反の可能性があるとみて、国税当局と連携して理事長の所得に関する捜査を進めている。
特捜部は、日大本部などを家宅捜索した9月と、日大元理事の井ノ口忠男(64)、医療法人「錦秀会」(大阪市)前理事長の籔本雅巳(61)両被告=いずれも背任罪で起訴=を逮捕した10月、関係先として田中理事長の東京都杉並区の自宅を家宅捜索。関係者によると、この捜索で自宅から2億円超の現金が見つかった。
両被告はこれまでの特捜部の調べに対し、昨年末までに田中理事長側に計約8000万円を渡したと供述している。現金提供は井ノ口被告の提案で、板橋病院の建て替え工事をめぐる「謝礼」や、理事長再任祝いなどの趣旨だったという。このほかにも2000万円以上が理事長側に渡ったとみられ、理事長個人の所得に当たる可能性がある。
理事長は特捜部の任意の事情聴取に対し、現金の提供を受けたことを否定している。
理事長は5年前、国税当局から数億円の所得を申告していない疑いがあるとして調査を受け、数千万円の申告漏れを指摘されて修正申告した。こうした経緯から、理事長は申告の必要性を認識しているとみられ、特捜部は申告漏れではなく、所得隠しの疑いがあるとみて調べている。