「まさかこんなに負けるとは…」パチンコ好き女性ライターが味わった遊タイムの落とし穴

コロナ禍の2020年に登場したパチンコのハマリ救済措置「遊タイム」。緊急事態宣言明けには、あちこちの人気ホールで“ハマリ台狙い”の争奪戦まで起きているというが、運良く当たりが近い台に座れたとしても、そこから地獄が待っていることもある。パチンコ好き30代女性ライターの斉藤裕子氏が、遊タイムの「危険な落とし穴」について体験レポートする。
【写真】遊タイム付き機種が並ぶホール。痛い目に遭ってしまう人も… * * * 学生時代、初めて打ったパチンコ台「フィーバーゴースト」で数千円が5万円ほどになるというビギナーズラックを体験してしまい、以来20年間どっぷりパチンコ・パチスロにはまってしまったパチンカス女子ライターです。

 学生時代は授業に出席するよりもホールに通うことのほうが多く、OLとして就職したての頃には、初任給の手取り18万円を数日で溶かしてしまったこともありました。過去最高に負けた1日の金額は11万円だったと記憶しています。 休日はもちろんのこと、仕事終わりにも可能な限り通い、時にはデートをキャンセルして打ちたい台を打ちに行くこともありました。 客観的に見れば、依存症レベルのクズ人間ですが、そんな私もここ1年半ほどめっきりお店から足が遠のいていました。理由はコロナ渦であることと、相次ぐ規制で、射幸性が物足りなくなり、ギャンブル欲が満たされるような打ちたい台がホールから姿を消していたからでした。ギャンブル熱が再び高まった遊タイム 一旦足が遠のいてしまえば、徐々にギャンブル熱も冷め、「このままパチンコとはお別れかな」「もうホールに行くこともないのかもしれないな」と思いながら勝ち負けに一喜一憂することのない穏やかな日々を過ごしていたある日、ギャンブル仲間からとんでもない情報がもたらされます。「最近のパチンコ台は天井(遊タイム)があるよ!天井になるべく近い台をハイエナすれば投資も抑えられるし、期待値高い!勝ちやすいよ」 勝ちやすいと聞けば、血が騒ぎます。調べてみると、仲間が言っていた天井とは「遊タイム」のことで、通常時に規定回転数到達で時短に突入するお助け機能でした。規定回転数や時短回転数などは機種によって異なり、昨年からこの新機能搭載の機種が導入され始めたことがわかりました。 確かに天井付近の台が拾えれば美味しいなと思い、早速仕事帰りにホールに様子を見に行くことにしました。様子見のつもりで打ち始めたところ… 目を付けている機種は「P牙狼 月虹ノ旅人」。通常時大当り間を950回転消化すると遊タイム「魔戒CHANCE」に突入し、右打ち時の大当たりの出玉は1500個で、継続率は81%と高く出玉に期待ができ、何よりも大当たり中の右打ちの消化が非常に早く、大好きだった初代牙狼を彷彿とさせるような演出に興奮すると聞いていたからです。 実際の遊タイム付きの機種がどんなものか、「天井付近の台が落ちていたら打ってみよう」と思ってホールに入ったのですが、そもそもホールに足を踏み入れたのが運の尽きでした。依存症気味のパチンカスが天井付近の台しか打たない、拾えるまで我慢するなどという期待値の高い立ち回りができるはずがなかったのです。 仕事終わりの夕方の時間帯、天井付近の台など落ちているはずもなく、大当たり後即ヤメの台か100~200回転程度の台しか空きがありませんでした。 ホールの賑やかさと台の煌びやかさに魅かれ、ついつい回転数の少ない台に座って打ち始めてしまいます。「せっかく様子を見に来たんだから、実際に打ってみないとわからないし、様子見だから天井は狙わず1万円だけにしよう」などと自分に言い訳をしながらサンドにお金を入れ、貸玉ボタンを押す。 幸いにも数千円程度で当たりをひくものの、単発。この単発の出玉を打ったらやめて帰ろうと思いながら打ち続け、出玉がなくなるころには、当初の予定だったサンドに入れた1万円の残りがなくなるまでやろうなどと考え始めました。 もう少しで当たるかもしれないからあと数千円だけ……を繰り返し、気が付けば時間は夜の21時、投資金額は3万円を超え、台の液晶画面には「遊タイムまで残り400回転」の文字が表示されています。「残り400回転」閉店時間との戦いに 残り400回転ということは、約2万円で到達できる。そこから連チャンすれば合計5万円くらいならギリギリまくれるかもしれないし、まくれないまでもそこそこの出玉で負けの金額減らせるし大丈夫──と頭の中のぶっ壊れたソロバンを弾きます。 この時間帯の懸念材料である、閉店までに到達して、なおかつ当たりの連チャンを消化できるかについても考えを巡らせました。 100回転の消化におおよそ20分かかっているから、1時間で300回転、22時に残り100回転で遅くとも22時20分には遊タイムに突入できる。そこから当たりを引いて連チャンしても、この台の大当たりの消化の速さなら、30分もあれば10連程度の消化は可能だし、「大当たりを消化しきれなくても投資金額の回収は可能だろう」と時短突入、連チャン前提というプラス要素しか考えない強気の計算をしてしまいました。 勝負続行を決めるとあとは閉店時間との戦いです。トイレに行く間も惜しんで打ち続けましたが、勝負続行の決断は早々に猛烈な後悔に変わりました。思っていた以上に400回転は長く苦痛だったのです。 少しでも玉が入らなくなり回りが遅くなるとそれだけで非常にイライラしてしまうし、いつもは気にならないリーチも、無駄に時間を消費してしまうため、かかっただけでイライラが募ります。打っていて楽しいはずの台が、打つことが非常に苦痛になってしまったのです。やめたいと思いましたが、この間にも投資金額は嵩み、遊タイムが近くなるとますますやめられない状況になっていました。 22時を過ぎると客足はまばらになり、36台設置されている「P牙狼 月虹ノ旅人」の島も、私を含め打っているのは6人ほどになりました。 そのうちの一人、隣のおじさんは私より50回転ほど先をいっている。「遊タイムまで残り9回転」と表示されたところで熱めのリーチがかかってしまったようで、祈るように画面を見つめていました。 横目でチラチラ見ながら、「遊タイム無事に突入できるといいな」「もし当たってしまっても魔戒CHANCE突入できるといいな」と願うも、無情にも単発の大当たり。おじさんは放心状態で画面を見つめています。私が座った時から隣にいるため、私以上の投資金額なのは間違いなく、痛いほど気持ちがわかります。他人事ではなく、自分もそうなる可能性があるのだと急に理解し背筋に嫌な汗が走りました。秒で終わった「至福のひととき」 そして、22時25分、計算していた予定よりも少し遅れて遊タイムに無事突入しました。ちょうど側を通りかかった店員さんに声をかけ、何時まで打てるのか確認したところ、22時45分まで、会員であれば55分まで打てると言います。「最大で30分打てるなら、投資金額の回収は可能だな。あとは連チャンするだけ!何連チャンするかな~」などと至福のひとときを味わいながら大当たりを消化するも、まさかの単発終了……。 最後の演出で復活を願うも奇跡は起きるはずもなく「左打ち」という終了を告げる画面が表示される。何時まで打てるか確認したのが恥ずかしくなるほど秒で終わってしまいました。 遊タイム付きの機種をその後も打ち続けましたが、大当たり終了後からダラダラ打ち続け、最終的に遊タイム(天井)まで打ってしまうというのを何度も繰り返してしまいました。 人によっては「遊タイムがあるほうが安心できる」「投資金額が抑えられていい」「確実に最低限時短を引けて楽しめる」というのは確かにあると思います。遊び方の選択肢が増えるのは打ち手にとって良いことなのかもしれません。 しかし私のようなダメ人間には、天井があることが一層の縛りとなって、絶対にその回転数まで打ってしまうため逆効果な側面もあるように感じたのは事実です。 もちろん自分の意志が弱く、打つのが悪いというのは百も承知していますが、これまでは心が折れたり、時間によって打つのをやめていたような場面でも、天井があることによって「そこまで打てば一発逆転の可能性がある!」という期待がチラついてしまい、逆にやめることができずにさらに数万円を追加してついつい打ってしまう。 今では遊タイム付きの台は怖くて打てなくなってしまいました。でも、遊タイムの機種がきっかけで、最近の機種のおもしろさを知り再びホールに通うようになったので、結局はホールとメーカーの思惑通りなのかもしれません。
* * * 学生時代、初めて打ったパチンコ台「フィーバーゴースト」で数千円が5万円ほどになるというビギナーズラックを体験してしまい、以来20年間どっぷりパチンコ・パチスロにはまってしまったパチンカス女子ライターです。
学生時代は授業に出席するよりもホールに通うことのほうが多く、OLとして就職したての頃には、初任給の手取り18万円を数日で溶かしてしまったこともありました。過去最高に負けた1日の金額は11万円だったと記憶しています。
休日はもちろんのこと、仕事終わりにも可能な限り通い、時にはデートをキャンセルして打ちたい台を打ちに行くこともありました。
客観的に見れば、依存症レベルのクズ人間ですが、そんな私もここ1年半ほどめっきりお店から足が遠のいていました。理由はコロナ渦であることと、相次ぐ規制で、射幸性が物足りなくなり、ギャンブル欲が満たされるような打ちたい台がホールから姿を消していたからでした。
一旦足が遠のいてしまえば、徐々にギャンブル熱も冷め、「このままパチンコとはお別れかな」「もうホールに行くこともないのかもしれないな」と思いながら勝ち負けに一喜一憂することのない穏やかな日々を過ごしていたある日、ギャンブル仲間からとんでもない情報がもたらされます。
「最近のパチンコ台は天井(遊タイム)があるよ!天井になるべく近い台をハイエナすれば投資も抑えられるし、期待値高い!勝ちやすいよ」
勝ちやすいと聞けば、血が騒ぎます。調べてみると、仲間が言っていた天井とは「遊タイム」のことで、通常時に規定回転数到達で時短に突入するお助け機能でした。規定回転数や時短回転数などは機種によって異なり、昨年からこの新機能搭載の機種が導入され始めたことがわかりました。
確かに天井付近の台が拾えれば美味しいなと思い、早速仕事帰りにホールに様子を見に行くことにしました。
目を付けている機種は「P牙狼 月虹ノ旅人」。通常時大当り間を950回転消化すると遊タイム「魔戒CHANCE」に突入し、右打ち時の大当たりの出玉は1500個で、継続率は81%と高く出玉に期待ができ、何よりも大当たり中の右打ちの消化が非常に早く、大好きだった初代牙狼を彷彿とさせるような演出に興奮すると聞いていたからです。
実際の遊タイム付きの機種がどんなものか、「天井付近の台が落ちていたら打ってみよう」と思ってホールに入ったのですが、そもそもホールに足を踏み入れたのが運の尽きでした。依存症気味のパチンカスが天井付近の台しか打たない、拾えるまで我慢するなどという期待値の高い立ち回りができるはずがなかったのです。
仕事終わりの夕方の時間帯、天井付近の台など落ちているはずもなく、大当たり後即ヤメの台か100~200回転程度の台しか空きがありませんでした。
ホールの賑やかさと台の煌びやかさに魅かれ、ついつい回転数の少ない台に座って打ち始めてしまいます。「せっかく様子を見に来たんだから、実際に打ってみないとわからないし、様子見だから天井は狙わず1万円だけにしよう」などと自分に言い訳をしながらサンドにお金を入れ、貸玉ボタンを押す。
幸いにも数千円程度で当たりをひくものの、単発。この単発の出玉を打ったらやめて帰ろうと思いながら打ち続け、出玉がなくなるころには、当初の予定だったサンドに入れた1万円の残りがなくなるまでやろうなどと考え始めました。
もう少しで当たるかもしれないからあと数千円だけ……を繰り返し、気が付けば時間は夜の21時、投資金額は3万円を超え、台の液晶画面には「遊タイムまで残り400回転」の文字が表示されています。
残り400回転ということは、約2万円で到達できる。そこから連チャンすれば合計5万円くらいならギリギリまくれるかもしれないし、まくれないまでもそこそこの出玉で負けの金額減らせるし大丈夫──と頭の中のぶっ壊れたソロバンを弾きます。
この時間帯の懸念材料である、閉店までに到達して、なおかつ当たりの連チャンを消化できるかについても考えを巡らせました。
100回転の消化におおよそ20分かかっているから、1時間で300回転、22時に残り100回転で遅くとも22時20分には遊タイムに突入できる。そこから当たりを引いて連チャンしても、この台の大当たりの消化の速さなら、30分もあれば10連程度の消化は可能だし、「大当たりを消化しきれなくても投資金額の回収は可能だろう」と時短突入、連チャン前提というプラス要素しか考えない強気の計算をしてしまいました。
勝負続行を決めるとあとは閉店時間との戦いです。トイレに行く間も惜しんで打ち続けましたが、勝負続行の決断は早々に猛烈な後悔に変わりました。思っていた以上に400回転は長く苦痛だったのです。
少しでも玉が入らなくなり回りが遅くなるとそれだけで非常にイライラしてしまうし、いつもは気にならないリーチも、無駄に時間を消費してしまうため、かかっただけでイライラが募ります。打っていて楽しいはずの台が、打つことが非常に苦痛になってしまったのです。やめたいと思いましたが、この間にも投資金額は嵩み、遊タイムが近くなるとますますやめられない状況になっていました。
22時を過ぎると客足はまばらになり、36台設置されている「P牙狼 月虹ノ旅人」の島も、私を含め打っているのは6人ほどになりました。
そのうちの一人、隣のおじさんは私より50回転ほど先をいっている。「遊タイムまで残り9回転」と表示されたところで熱めのリーチがかかってしまったようで、祈るように画面を見つめていました。
横目でチラチラ見ながら、「遊タイム無事に突入できるといいな」「もし当たってしまっても魔戒CHANCE突入できるといいな」と願うも、無情にも単発の大当たり。おじさんは放心状態で画面を見つめています。私が座った時から隣にいるため、私以上の投資金額なのは間違いなく、痛いほど気持ちがわかります。他人事ではなく、自分もそうなる可能性があるのだと急に理解し背筋に嫌な汗が走りました。
そして、22時25分、計算していた予定よりも少し遅れて遊タイムに無事突入しました。ちょうど側を通りかかった店員さんに声をかけ、何時まで打てるのか確認したところ、22時45分まで、会員であれば55分まで打てると言います。
「最大で30分打てるなら、投資金額の回収は可能だな。あとは連チャンするだけ!何連チャンするかな~」などと至福のひとときを味わいながら大当たりを消化するも、まさかの単発終了……。
最後の演出で復活を願うも奇跡は起きるはずもなく「左打ち」という終了を告げる画面が表示される。何時まで打てるか確認したのが恥ずかしくなるほど秒で終わってしまいました。
遊タイム付きの機種をその後も打ち続けましたが、大当たり終了後からダラダラ打ち続け、最終的に遊タイム(天井)まで打ってしまうというのを何度も繰り返してしまいました。
人によっては「遊タイムがあるほうが安心できる」「投資金額が抑えられていい」「確実に最低限時短を引けて楽しめる」というのは確かにあると思います。遊び方の選択肢が増えるのは打ち手にとって良いことなのかもしれません。
しかし私のようなダメ人間には、天井があることが一層の縛りとなって、絶対にその回転数まで打ってしまうため逆効果な側面もあるように感じたのは事実です。
もちろん自分の意志が弱く、打つのが悪いというのは百も承知していますが、これまでは心が折れたり、時間によって打つのをやめていたような場面でも、天井があることによって「そこまで打てば一発逆転の可能性がある!」という期待がチラついてしまい、逆にやめることができずにさらに数万円を追加してついつい打ってしまう。
今では遊タイム付きの台は怖くて打てなくなってしまいました。でも、遊タイムの機種がきっかけで、最近の機種のおもしろさを知り再びホールに通うようになったので、結局はホールとメーカーの思惑通りなのかもしれません。