甲府の夫婦刺殺、19歳を殺人容疑で再逮捕へ

甲府市の民家が全焼し、住人夫婦の刺殺体が見つかった事件で、山梨県警は22日、同市の少年(19)(現住建造物等放火容疑などで逮捕)を殺人容疑で再逮捕する。
捜査関係者への取材でわかった。
捜査関係者によると、少年は10月12日未明、会社員井上盛司さん(55)方に侵入し、1階で寝ていた盛司さんと妻の章恵(ふみえ)さん(50)を果物ナイフで複数回刺し、殺害した疑い。「交際を断られた長女を殺害するつもりだった。夫婦に見つかったので、果物ナイフで刺した」と供述しているという。
司法解剖の結果、夫婦の死因は刃物で刺されたことによる失血だった。焼け跡から果物ナイフが見つかり、少年の購入先も特定されたことから、県警は凶器と断定した。
県警は10月13日、次女に対する傷害容疑で少年を逮捕。今月2日に現住建造物等放火容疑で再逮捕した。