中古車高騰に販売業者「儲かっちゃいないよ、なんでも高くなってるんだ」

自家用乗用車の世帯当たり普及台数を都道府県別にみると、もっとも多い福井県が1.715台で、少ない東京都は0.422台となっている(2021年3月末現在、自動車検査登録情報協会調べ)。電車や地下鉄など公共交通網が普及している大都市圏をのぞき1台以上を所有する傾向にあり、日本国内の大半の地域では、自家用車は贅沢品ではなく生活必需品だ。だが今、世界的に続く半導体の供給不足により自動車の生産が滞っている影響から、中古車価格がこれまでにない上昇を続けていて、とても日用品と呼べる品揃えではなくなっている。俳人で著作家の日野百草氏が、地方の中古車販売業者から最近の中古車販売事情を聞いた。
【写真】ヤリスクロス * * *「中古車いま高いよ、新車と変わんない中古車だってある」 甲信地方の中古自動車店、天気良好でこの地方にしては陽の暖かい11月、白の映えるワンボックスを水洗いする店主に道すがら話を伺った。「乗り出し30万でミニバンないかって電話で問い合わせ来たけど、そんなの個人のオークションで探してどうぞって切っちゃったよ。わかってないよね」 この地方に限らず田舎で車のあるなしは死活問題、車なんていらないなんて都市部の駅チカ住民という日本に住む一部の話で、駅チカでも田舎は日常で電車なんか使えない。「この辺で電車なんて通学にしか使わないよ、車がなきゃなんにもできない」 店主は筆者がホテルで借りた自転車(ママチャリ)に目をやりながら首を振った。田舎は自転車も高齢者か子ども、レンタルサイクルの観光客くらいしか使わない。どこまでを田舎とするかにもよるが、そうした地域でいい年した大人、まして男が自転車なんて何か問題があるんじゃないかと思われる。とにかく車がないと日常生活は不自由だ。「だから新車が半年待ちじゃ中古にするってなる。RVとか軽の人気車はすぐ捌けるよ」すぐ買えるからって気に入らない車を何百万円も出して買わない コロナ禍のソーシャルディスタンス、密を避けるための公共交通機関離れもあって昨年から中古車市場は高騰しているが、そこに車載半導体不足による国内自動車メーカーの減産が追い打ちをかけている。世界的な半導体の奪い合い、日本はここでも買い負けが続いている。10月の新車販売は31%減、部品不足によるものだが、プラスチック素材やウレタン素材も不足しているので半導体だけの問題ではない。「まあ、10万キロ超えた15年落ちの不人気車なら乗り出し30万でもあるけど、みんなどんな車でもいいってわけにはいかないからね。用途も好みもあるから難しいんだよ」 確かに、不人気どころか無人気の型落ちセダンなら車種によっては安いだろうが、みなミニバンが欲しい、RVが欲しい、軽でなきゃだめと最低限のこだわりは当然ある。この地域では比較的駐車場も安く持ち家率も高いだろうが、都市部なら置き場所の問題やそれに伴うサイズもある。「新車も結局それだよ。たとえばトヨタなら来年1月に届くのもあれば半年待ちもある。でもすぐ買えるからって気に入らない車を何百万も出して買わないよね」 ディーラーや仕様によって前後するがハイブリッド車に限ればクラウンやヴェルファイア、プリウス(PHV除く)なら来年1月くらい、ヤリスクロスやハリアー、プラドなどは半年待ちと幅がある。反面、ライズはZグレード以外なら「年内納車も可能」とのことで、大トヨタですら半導体不足による生産の混乱が続いている。その他もおおむね3ヶ月待ちといったところか。「新車買える人ばかりじゃないし、さっきの電話もそういう人だよ」 都会では金が無かったら車なんか買う必要はないが、田舎は金が無くても車が必要になる。ここが都市部との大きな違いで、じゃあ1時間に数本の電車で、1日何便来るかわからないバスでとはいかない。例えば山梨県の75歳以上の返納率は11.9%と全国ワースト2位(警察庁『令和2年版運転免許統計』)、高齢者のほとんどは80歳になろうと90歳になろうと運転する。むしろ足腰が弱るからこそ運転せざるを得ない。高齢者でも現役で働いているとか年金で新車を買えるほど恵まれている人ならともかく、収入の少ない高齢者を中心に安い中古で済ませようという層は一定数いる。田舎は金が掛からないなんて幻想だ。「それにガソリンも(価格が)上がってるでしょ? だからハイブリッド車も人気が集中して、(業者の)オークションでも高いんだよ」 ガソリン価格も高騰しているが、この地域はとくに高くレギュラーにもかかわらず1リットル170円を超えている(11月上旬時点)。ハイブリッド車の中古は駆動用バッテリーが劣化するので高くつく場合がある。だからそれほどの人気にはならなかったのだが、原油高でハイブリッド人気がじわじわと上がっている。「海なし県は高いんだよ、輸送コストがかかるからね。だからハイブリッド車、それと軽だ」 車で移動するしかない地域では、車は生きるための道具でもある。しかしその燃料となるガソリンは何重にも課税されたままだ。ガソリンの半分は税金といわれるが、いわゆるガソリン税に石油石炭税、温暖化対策税、そして消費税とブサイクな積み木のように重なるまさしく「重税」となっている。これらの内訳もさらに複雑で、本稿で延々と注釈をつけるわけにもいかないのであくまでおおまかな説明としたが、とにかく半分が税金である。「田舎でガソリンが高くなるのは死活問題なんだよ、車しかないからさ。灯油もそう、余計な出費が増える」コロナ前まで13年落ちの中古車は海外へ売っていた ガソリン代もそうだが寒い土地だけに灯油の値上がりも不安だろう。灯油もまた石油石炭税と温暖化対策税、そして消費税が上乗せされている。政府はガソリン高騰に対応するため元売りに補助金を出す方針だが、国は虎の子の財源であるガソリン税は絶対に下げる気がない。そもそも先の石油諸税に消費税が掛かること自体が二重課税なのでおかしいにもかかわらず、1989年の消費税導入からこの二重課税を30年以上解消する気はない。当初は目的税だったはずが一般財源化されて道路以外に好き勝手使える状態でもある。はっきりいって無茶苦茶だ。「中古車もそうだよ。13年落ちだと税金高くなるからさ、根強い人気車とかマニア向けの旧車を除けばただ古いだけの車は売れなかったから、コロナ前までは海外に売っぱらったんだ。大事に長く乗ったら税金が高くなる、おかしな話だよね」 悪評まみれの自動車税の中でも2002年導入からとくに批判の大きいグリーン化税制である。新車登録から13年(ディーゼル車は11年)経つと重課対象となり、だいたい15%程度を上乗せした自動車税を払わされるという謎の税金である。自動車大国と言われながら日本はユーザーにとことん厳しい。「高値つけてるから儲かってるだろ、なんて言われるけどセリ値も上がってるからね。程度のいいのは30万くらい上がってるかな」 あくまで店主の感覚だが10~20%というところか、アメリカなどはもっと深刻で中古車は最大40%程度の上昇(2021年10月)を記録したとされている。「大げさに言っちゃったかもだけど、ホントのところいまは少し金足せば買える。でもこのまま部品供給が止まればもっと高値になるだろうね」 高値になっても中古自動車店が儲かるわけではない。仕入れ値も上がるわけで、このままではタマも足りなくなるだろう。先に書いたように乗れるならどんな車でもいいなんて人は少ないわけで、おのずと人気車種に集中する。「車は生活のためだからさ、この辺だとセダンは不人気だし、やっぱり買い物に便利で荷物がたくさん積めるワンボックスが人気だね、誰も好き好んで乗らないような不人気車種でも程度のいいワンボックスなら買い手がつく」 ワンボックスの不人気車種は実際に名前を挙げてくれたが、車に詳しい人でないとまず知らない。だが、そんな不人気車でもワンボックスは高騰している。RVはもっとだ。「こんな状況だと売ってくれる人も少ないからオークションで仕入れることになる。注文受けて実際の金額伝えると高いって言われちゃうね、もう中古だから安いって時代でもないのに」 ディーラーに売る新車がなければ下取りもないため流通は限られる。走行距離が実質0キロに近いがナンバー登録されている新車とほぼ同等の中古車である新古車に至っては、新車より高い車種もある。もちろんいまでも車種や走行距離にまったくこだわらなければ乗り出し30万円でも手に入る中古車はあるが、理屈上は買えると言っても、その理屈を主張する人だって自分が買う立場になったらそれを買うかといったら買わないだろう。「業者がボッてるとか言うけど、そんな時代じゃないんだよ。なんでも高くなってるんだ」 店主の言う通り、アフターコロナはもちろんだが衰退中の日本に追い打ちをかけるように商品の高騰が続いている。バイクなど30万円も出せば不人気なら大型車でも買えた時代もあったが、いまや中古バイクは車以上の高騰を続けている。もちろん半導体を始めとする部品不足による新車の生産遅れによるものだ。まして車以上に趣味性の強いこだわりの乗り物なので何でも乗りますというわけにもいかない。同様に、いま家を建てようと思うと住宅用の木材が不足しているのでこれまたとんでもなく高い。なにもかも高騰し始めている。「この辺で車は生活必需品だからね、ガソリンもそうだけど、これ以上の値上がりは恐ろしいよ」 車なんかいらない、電車を使えばいいやなんて地域は日本全体からすればわずかなもの、大半の地方は車がなければ不自由な生活を強いられるどころか仕事に差し障る。ガソリンに関して政府はようやく価格高騰時に補助金支給の方針を明示したが遅すぎる。日本全体でみれば物流の問題でもあり、ガソリンだけでなくあらゆる消費財の価格が上がっている。 なんであれ、30年間平均賃金の上がらないこの国で、あらゆるものの値段が高くなるというのは本当に恐ろしいことなのだ。筆者が思うに、店主がこぼすほどには自動車関連の騒動は現状、多少の滞りで済んでいる状態だと思うが、これからの日本は国際的な通貨下落によるチープジャパンとすべてにおいての買い負けによって長く苦しむことになるかもしれない。安く買える時代は終わり、賃金はそのままに物価が上がる、必要な物の価値がひたすら上がる国となる。新車不足と中古自動車の値上がりは限定的ではあるが、まさしくその端緒である。【プロフィール】日野百草(ひの・ひゃくそう)/本名:上崎洋一。1972年千葉県野田市生まれ。日本ペンクラブ会員。出版社を経てフリーランス。全国俳誌協会賞、日本詩歌句随筆評論協会賞奨励賞(評論部門)受賞。著書『誰も書けなかったパチンコ20兆円の闇』(宝島社・共著)、『評伝 赤城さかえ 楸邨、波郷、兜太から愛された魂の俳人』(コールサック社)他。
* * *「中古車いま高いよ、新車と変わんない中古車だってある」
甲信地方の中古自動車店、天気良好でこの地方にしては陽の暖かい11月、白の映えるワンボックスを水洗いする店主に道すがら話を伺った。
「乗り出し30万でミニバンないかって電話で問い合わせ来たけど、そんなの個人のオークションで探してどうぞって切っちゃったよ。わかってないよね」
この地方に限らず田舎で車のあるなしは死活問題、車なんていらないなんて都市部の駅チカ住民という日本に住む一部の話で、駅チカでも田舎は日常で電車なんか使えない。
「この辺で電車なんて通学にしか使わないよ、車がなきゃなんにもできない」
店主は筆者がホテルで借りた自転車(ママチャリ)に目をやりながら首を振った。田舎は自転車も高齢者か子ども、レンタルサイクルの観光客くらいしか使わない。どこまでを田舎とするかにもよるが、そうした地域でいい年した大人、まして男が自転車なんて何か問題があるんじゃないかと思われる。とにかく車がないと日常生活は不自由だ。
「だから新車が半年待ちじゃ中古にするってなる。RVとか軽の人気車はすぐ捌けるよ」
コロナ禍のソーシャルディスタンス、密を避けるための公共交通機関離れもあって昨年から中古車市場は高騰しているが、そこに車載半導体不足による国内自動車メーカーの減産が追い打ちをかけている。世界的な半導体の奪い合い、日本はここでも買い負けが続いている。10月の新車販売は31%減、部品不足によるものだが、プラスチック素材やウレタン素材も不足しているので半導体だけの問題ではない。
「まあ、10万キロ超えた15年落ちの不人気車なら乗り出し30万でもあるけど、みんなどんな車でもいいってわけにはいかないからね。用途も好みもあるから難しいんだよ」
確かに、不人気どころか無人気の型落ちセダンなら車種によっては安いだろうが、みなミニバンが欲しい、RVが欲しい、軽でなきゃだめと最低限のこだわりは当然ある。この地域では比較的駐車場も安く持ち家率も高いだろうが、都市部なら置き場所の問題やそれに伴うサイズもある。
「新車も結局それだよ。たとえばトヨタなら来年1月に届くのもあれば半年待ちもある。でもすぐ買えるからって気に入らない車を何百万も出して買わないよね」
ディーラーや仕様によって前後するがハイブリッド車に限ればクラウンやヴェルファイア、プリウス(PHV除く)なら来年1月くらい、ヤリスクロスやハリアー、プラドなどは半年待ちと幅がある。反面、ライズはZグレード以外なら「年内納車も可能」とのことで、大トヨタですら半導体不足による生産の混乱が続いている。その他もおおむね3ヶ月待ちといったところか。
「新車買える人ばかりじゃないし、さっきの電話もそういう人だよ」
都会では金が無かったら車なんか買う必要はないが、田舎は金が無くても車が必要になる。ここが都市部との大きな違いで、じゃあ1時間に数本の電車で、1日何便来るかわからないバスでとはいかない。例えば山梨県の75歳以上の返納率は11.9%と全国ワースト2位(警察庁『令和2年版運転免許統計』)、高齢者のほとんどは80歳になろうと90歳になろうと運転する。むしろ足腰が弱るからこそ運転せざるを得ない。高齢者でも現役で働いているとか年金で新車を買えるほど恵まれている人ならともかく、収入の少ない高齢者を中心に安い中古で済ませようという層は一定数いる。田舎は金が掛からないなんて幻想だ。
「それにガソリンも(価格が)上がってるでしょ? だからハイブリッド車も人気が集中して、(業者の)オークションでも高いんだよ」
ガソリン価格も高騰しているが、この地域はとくに高くレギュラーにもかかわらず1リットル170円を超えている(11月上旬時点)。ハイブリッド車の中古は駆動用バッテリーが劣化するので高くつく場合がある。だからそれほどの人気にはならなかったのだが、原油高でハイブリッド人気がじわじわと上がっている。
「海なし県は高いんだよ、輸送コストがかかるからね。だからハイブリッド車、それと軽だ」
車で移動するしかない地域では、車は生きるための道具でもある。しかしその燃料となるガソリンは何重にも課税されたままだ。ガソリンの半分は税金といわれるが、いわゆるガソリン税に石油石炭税、温暖化対策税、そして消費税とブサイクな積み木のように重なるまさしく「重税」となっている。これらの内訳もさらに複雑で、本稿で延々と注釈をつけるわけにもいかないのであくまでおおまかな説明としたが、とにかく半分が税金である。
「田舎でガソリンが高くなるのは死活問題なんだよ、車しかないからさ。灯油もそう、余計な出費が増える」
ガソリン代もそうだが寒い土地だけに灯油の値上がりも不安だろう。灯油もまた石油石炭税と温暖化対策税、そして消費税が上乗せされている。政府はガソリン高騰に対応するため元売りに補助金を出す方針だが、国は虎の子の財源であるガソリン税は絶対に下げる気がない。そもそも先の石油諸税に消費税が掛かること自体が二重課税なのでおかしいにもかかわらず、1989年の消費税導入からこの二重課税を30年以上解消する気はない。当初は目的税だったはずが一般財源化されて道路以外に好き勝手使える状態でもある。はっきりいって無茶苦茶だ。
「中古車もそうだよ。13年落ちだと税金高くなるからさ、根強い人気車とかマニア向けの旧車を除けばただ古いだけの車は売れなかったから、コロナ前までは海外に売っぱらったんだ。大事に長く乗ったら税金が高くなる、おかしな話だよね」
悪評まみれの自動車税の中でも2002年導入からとくに批判の大きいグリーン化税制である。新車登録から13年(ディーゼル車は11年)経つと重課対象となり、だいたい15%程度を上乗せした自動車税を払わされるという謎の税金である。自動車大国と言われながら日本はユーザーにとことん厳しい。
「高値つけてるから儲かってるだろ、なんて言われるけどセリ値も上がってるからね。程度のいいのは30万くらい上がってるかな」
あくまで店主の感覚だが10~20%というところか、アメリカなどはもっと深刻で中古車は最大40%程度の上昇(2021年10月)を記録したとされている。
「大げさに言っちゃったかもだけど、ホントのところいまは少し金足せば買える。でもこのまま部品供給が止まればもっと高値になるだろうね」
高値になっても中古自動車店が儲かるわけではない。仕入れ値も上がるわけで、このままではタマも足りなくなるだろう。先に書いたように乗れるならどんな車でもいいなんて人は少ないわけで、おのずと人気車種に集中する。
「車は生活のためだからさ、この辺だとセダンは不人気だし、やっぱり買い物に便利で荷物がたくさん積めるワンボックスが人気だね、誰も好き好んで乗らないような不人気車種でも程度のいいワンボックスなら買い手がつく」
ワンボックスの不人気車種は実際に名前を挙げてくれたが、車に詳しい人でないとまず知らない。だが、そんな不人気車でもワンボックスは高騰している。RVはもっとだ。
「こんな状況だと売ってくれる人も少ないからオークションで仕入れることになる。注文受けて実際の金額伝えると高いって言われちゃうね、もう中古だから安いって時代でもないのに」
ディーラーに売る新車がなければ下取りもないため流通は限られる。走行距離が実質0キロに近いがナンバー登録されている新車とほぼ同等の中古車である新古車に至っては、新車より高い車種もある。もちろんいまでも車種や走行距離にまったくこだわらなければ乗り出し30万円でも手に入る中古車はあるが、理屈上は買えると言っても、その理屈を主張する人だって自分が買う立場になったらそれを買うかといったら買わないだろう。
「業者がボッてるとか言うけど、そんな時代じゃないんだよ。なんでも高くなってるんだ」
店主の言う通り、アフターコロナはもちろんだが衰退中の日本に追い打ちをかけるように商品の高騰が続いている。バイクなど30万円も出せば不人気なら大型車でも買えた時代もあったが、いまや中古バイクは車以上の高騰を続けている。もちろん半導体を始めとする部品不足による新車の生産遅れによるものだ。まして車以上に趣味性の強いこだわりの乗り物なので何でも乗りますというわけにもいかない。同様に、いま家を建てようと思うと住宅用の木材が不足しているのでこれまたとんでもなく高い。なにもかも高騰し始めている。
「この辺で車は生活必需品だからね、ガソリンもそうだけど、これ以上の値上がりは恐ろしいよ」
車なんかいらない、電車を使えばいいやなんて地域は日本全体からすればわずかなもの、大半の地方は車がなければ不自由な生活を強いられるどころか仕事に差し障る。ガソリンに関して政府はようやく価格高騰時に補助金支給の方針を明示したが遅すぎる。日本全体でみれば物流の問題でもあり、ガソリンだけでなくあらゆる消費財の価格が上がっている。
なんであれ、30年間平均賃金の上がらないこの国で、あらゆるものの値段が高くなるというのは本当に恐ろしいことなのだ。筆者が思うに、店主がこぼすほどには自動車関連の騒動は現状、多少の滞りで済んでいる状態だと思うが、これからの日本は国際的な通貨下落によるチープジャパンとすべてにおいての買い負けによって長く苦しむことになるかもしれない。安く買える時代は終わり、賃金はそのままに物価が上がる、必要な物の価値がひたすら上がる国となる。新車不足と中古自動車の値上がりは限定的ではあるが、まさしくその端緒である。
【プロフィール】日野百草(ひの・ひゃくそう)/本名:上崎洋一。1972年千葉県野田市生まれ。日本ペンクラブ会員。出版社を経てフリーランス。全国俳誌協会賞、日本詩歌句随筆評論協会賞奨励賞(評論部門)受賞。著書『誰も書けなかったパチンコ20兆円の闇』(宝島社・共著)、『評伝 赤城さかえ 楸邨、波郷、兜太から愛された魂の俳人』(コールサック社)他。