ひき逃げ事件で女性死亡 一緒にいた交際男性…無念の涙 22歳会社員を逮捕

ひき逃げ事件が起きたのは、20日の午前4時前。
福岡県の国道で、女性が車にひかれ、亡くなった。
亡くなったのは、31歳の片山桜子さん。
目の前で交際相手を亡くした男性が取材に答えた。
片山桜子さんの交際相手「ドンって聞こえたので、そこで駆け寄って、救急車呼んで、ずっと声をかけても、もう意識もない状態で」
語ったのは、事故を防げなかった後悔の念だった。
片山桜子さんの交際相手「周りからすごく愛されている子だった。目の前にいたのに防げなかったのは、後悔です」
過失運転致死などの疑いで逮捕されたのは、北九州市の会社員・由井希容疑者(22)。
由井容疑者の車は、片山さんをひいたあと、止まることなく現場から逃走したという。
片山桜子さんの交際相手「止まるそぶりは一切、なかったです。ぶつかる直前にブレーキ音も聞こえなかった」
由井容疑者は、なぜその場から逃げたのか。
由井容疑者「飲酒運転がばれるのが怖くて逃げた」
31歳の片山桜子さんが亡くなったひき逃げ事件。警察は、車に乗っていた由井希容疑者を発見し、逮捕した。
由井容疑者の呼気からは、アルコールが検出されたという。
高校時代の同級生が、由井容疑者の事件前の行動を明かした。
由井容疑者の高校の同級生「自分の知人から、(由井容疑者は)事故が起きる前に、外でバーベキューをして遊んでいたと聞いた。そこでお酒を飲んだかどうか、僕は知らない」
同級生によると、バーベキューで酒を飲んだ可能性があるという。
由井容疑者の高校の同級生「(過去に飲酒運転は?)自分の中ではないです。一緒に飲みに行った時も、公共交通機関を使って帰ったり。今回の事件には正直びっくりしています。(飲み会に)車で来ていた時もありましたけど、その時は飲んでないです。しっかり飲まずに、そのまま帰ってたので」
交際相手の男性によると、亡くなった片山さんは、2人の子どもを育てる母親だった。
片山桜子さんの交際相手「子どもが2人。まだ小学生くらいなので、この先が不安。なんで子どもから母親を奪われないといけないのかな。こうやって事故で亡くなる人が、少しでも人ごとじゃないことを、みんなにはわかってもらえたらなと思います」