サッカーコーチ わいせつで逮捕 帰宅女性のあとをつけ押し倒す

帰宅途中の女性のあとをつけ、わいせつな行為をした疑いで、サッカースクールのコーチの男が逮捕された。
千葉県内のサッカースクールでコーチを務める佐川禎一容疑者(34)は、2021年10月、東京・東村山市で、帰宅途中の女性のあとをつけ、女性を押し倒したうえ、胸を触るなどのわいせつな行為をした疑いが持たれている。
佐川容疑者は、女性と面識がなく、仕事帰りに見かけて犯行に及んだとみられていて、調べに対し、「胸を触りたいという気持ちが湧き、性欲を満たすためにやりました」などと、容疑を認めているという。