高円宮承子さま、深夜2時の六本木で目撃 奔放プリンセスに護衛も大慌て

飲食店への時短要請が解除され、東京の夜の街に賑わいが戻ってきている。11月中旬、六本木の繁華街から1本入った路地裏。飲食店のネオンの下には、深夜になっても酔客の姿が途切れない。その一角で、妙に“品のいい”グループが話し込んでいた。仕立てのいいスーツの男性や上品な身なりの女性たち。その輪の中心にいらっしゃったのは高円宮家の長女・承子さま(35才)だ。
【写真12枚】深夜2時の六本木で、承子さまの姿をキャッチ!斜め上を向いて、膝上丈スカート姿で歩く姿。他、帽子をかぶったお姿、パールのネックレス姿の雅子さまも グレーの膝丈のワンピースに黒のジャケットを合わせ、足元は10cmはあろうかという淡いベージュのハイヒール。黒いバッグを肩に掛け、青い持ち手が印象的なトートバッグを提げていた。和気あいあいとした雰囲気からして、近くの店で盛り上がった後だろうか。現在、日本ユニセフ協会の嘱託職員として働かれている承子さま。いかにも“お仕事帰り”のOL風ファッションだが、そのとき、すでに時刻は深夜2時を回っていた。

 眞子さんの結婚騒動で、にわかに注目を集めている女性皇族の存在。現在、独身の女性成年皇族は承子さまのほか、秋篠宮家の次女・佳子さま(26才)、三笠宮家の長女・彬子さま(39才)、次女・瑶子さま(38才)の4人。そこに、12月1日に20才の誕生日を迎えられる愛子さま(19才)が加わる。 承子さまは高円宮家の3姉妹のご長女だ。すでに、次女・典子さんは2014年に出雲大社の権宮司・千家国麿さんと、三女・絢子さんは2018年に日本郵船に勤める守谷慧さんと結婚し、皇室を離れている。「承子さまは、長年メガバンク勤務の銀行員と交際されているとされ、結婚間近ともいわれています」(皇室記者) 承子さまもそろそろ──と囁かれる一方、これまでにその奔放ぶりも話題になってきたプリンセスでもある。2007年2月、英エディンバラ大学に留学中だった承子さまがSNS「ミクシィ」に書き込んだとされる文章が流出した。《私も親さえ良いなら、胸にヤモリの刺青入れたいんだけどなぁ~……・間違いなく縁切られますからね(笑)》《昨日スクールディスコに行って、帰ってきたら朝4時とか。こっちで彼氏と一緒じゃないクラブは久々だったから(別れたからね。)なんか楽しかったけどね》 アカウントの“乗っ取り説”も唱えられたが、赤裸々な書き込みには波紋が広がった。2014年には、前述の恋人と思われる男性との居酒屋デートが報じられた。「デートはもちろん、もともと社交的な性格の承子さまは、合コンのように初対面の男性がいる飲み会にも積極的に参加されるようです。周囲の緊張をよそに、砕けた雰囲気ですぐに打ち解けられます。時には“恋バナ”もされるとか。お酒もお好きで、常に明るくその場を楽しまれるそうです」(宮内庁関係者) その自由闊達さの陰では、苦労する人も……。「皇族には護衛がついていますが、やはり息苦しさもあるのかもしれません。学生時代に、護衛に何も告げずに電車に乗り、成田空港まで行ってしまわれたことがあったといいます。そのときは友人の出迎えが理由でしたが、護衛は大混乱となってしまったそうです。就職後も、たびたび護衛を振り切って、デートや会食を楽しむことがあったようです」(別の宮内庁関係者) 冒頭の夜も、路地裏になかなかやってこないタクシーにしびれを切らされたのか、承子さまはすたすたと六本木の大通りへ。そのあとを、護衛が慌てて追いかけていった。女性皇族を取り巻く周囲の騒がしさをよそに、“奔放なプリンセス”はわが道を歩まれているようだ。※女性セブン2021年12月9日号
グレーの膝丈のワンピースに黒のジャケットを合わせ、足元は10cmはあろうかという淡いベージュのハイヒール。黒いバッグを肩に掛け、青い持ち手が印象的なトートバッグを提げていた。和気あいあいとした雰囲気からして、近くの店で盛り上がった後だろうか。現在、日本ユニセフ協会の嘱託職員として働かれている承子さま。いかにも“お仕事帰り”のOL風ファッションだが、そのとき、すでに時刻は深夜2時を回っていた。
眞子さんの結婚騒動で、にわかに注目を集めている女性皇族の存在。現在、独身の女性成年皇族は承子さまのほか、秋篠宮家の次女・佳子さま(26才)、三笠宮家の長女・彬子さま(39才)、次女・瑶子さま(38才)の4人。そこに、12月1日に20才の誕生日を迎えられる愛子さま(19才)が加わる。
承子さまは高円宮家の3姉妹のご長女だ。すでに、次女・典子さんは2014年に出雲大社の権宮司・千家国麿さんと、三女・絢子さんは2018年に日本郵船に勤める守谷慧さんと結婚し、皇室を離れている。
「承子さまは、長年メガバンク勤務の銀行員と交際されているとされ、結婚間近ともいわれています」(皇室記者)
承子さまもそろそろ──と囁かれる一方、これまでにその奔放ぶりも話題になってきたプリンセスでもある。2007年2月、英エディンバラ大学に留学中だった承子さまがSNS「ミクシィ」に書き込んだとされる文章が流出した。
《私も親さえ良いなら、胸にヤモリの刺青入れたいんだけどなぁ~……・間違いなく縁切られますからね(笑)》《昨日スクールディスコに行って、帰ってきたら朝4時とか。こっちで彼氏と一緒じゃないクラブは久々だったから(別れたからね。)なんか楽しかったけどね》
アカウントの“乗っ取り説”も唱えられたが、赤裸々な書き込みには波紋が広がった。2014年には、前述の恋人と思われる男性との居酒屋デートが報じられた。
「デートはもちろん、もともと社交的な性格の承子さまは、合コンのように初対面の男性がいる飲み会にも積極的に参加されるようです。周囲の緊張をよそに、砕けた雰囲気ですぐに打ち解けられます。時には“恋バナ”もされるとか。お酒もお好きで、常に明るくその場を楽しまれるそうです」(宮内庁関係者)
その自由闊達さの陰では、苦労する人も……。
「皇族には護衛がついていますが、やはり息苦しさもあるのかもしれません。学生時代に、護衛に何も告げずに電車に乗り、成田空港まで行ってしまわれたことがあったといいます。そのときは友人の出迎えが理由でしたが、護衛は大混乱となってしまったそうです。就職後も、たびたび護衛を振り切って、デートや会食を楽しむことがあったようです」(別の宮内庁関係者)
冒頭の夜も、路地裏になかなかやってこないタクシーにしびれを切らされたのか、承子さまはすたすたと六本木の大通りへ。そのあとを、護衛が慌てて追いかけていった。女性皇族を取り巻く周囲の騒がしさをよそに、“奔放なプリンセス”はわが道を歩まれているようだ。
※女性セブン2021年12月9日号