ウィキペディアに「小室圭」の項目が復活 4年前にはいったん削除されていた

11月14日に渡米して米国ニューヨークでの新婚生活をスタートさせた小室圭さん(30才)。現地到着の2日後の夜には、勤務先の法律事務所のそばのパブで、同僚らしき数人と乾杯し、談笑。結婚を祝福されると、日本滞在時には見せたことの無かった満面の笑みで応えていた。
【写真80枚】「削除することが審議されています」と書かれた小室氏のWikiページ。他、ジーンズ、上半身はざっくりVネックの眞子さん、真横からのアップ。他、肩出し姿の眞子さん、サングラス姿の眞子さん、ロン毛の小室さんも これまで4年間にも及んだ、秋篠宮家の長女・眞子さん(30才)との結婚延期。そして、その原因だった母・佳代さんと元婚約者の金銭トラブルの問題が、全て解決したことを物語っているかのようだった。

 結婚について賛否両論が長らく飛び交い続けた“小室圭さん狂騒曲”に、1つの終止符が打たれたことの証明ともいえる事象が、インターネット上でもひっそりと起きていた。あるITジャーナリストが語る。「11月上旬から、ウィキペディア日本語版の中に『小室圭』さんの項目が復活したのです。実は、眞子さんとの婚約ニュースが出た2017年に1度は作られていたのですが、同年、有志のウィキペディア編集者による議論の中で『特筆性がないこと、ゴシップ程度の情報しかないこと』を理由に、自体が削除されていました」 ここ4年間は、「小室圭」と検索しても「ウィキペディアでは現在この名前の項目は作成できません」と表示されるのみだった。当時の「眞子内親王」の単独記事の中でも「国際基督教大学の同級生で、法律事務所勤務の男性K」と、イニシャルで表記されていた。 前出のITジャーナリストは「端的にいえば、噂や疑惑レベルの確証の低い情報を悪意的に書き込むアンチによる“荒らし”が多発して、収拾がつかなくなり、個人のプライバシー尊重の方針から非掲載にしていたわけです」という。 今回の項目復活に際しても、編集者たちの間でも賛否が分かれており、復活後も「削除依頼」が後を絶たないと見られている。「ただ、世界的には小室さんとは比較にならないほどに注目されるメ―ガン妃の項目は存在しているし、何より元皇族の眞子さんとご結婚されたことは、揺るがない事実。ウィキペディアに掲載されるのは当然でしょう。そこには婚約が延期され、4年かかって結婚した経緯も客観的に記載されています」(前出・ITジャーナリスト) これも一連の騒動がひと段落した結果といえるだろう。ここからは、来年2月のニューヨーク州の司法試験合格に向けて邁進するのみだ。
これまで4年間にも及んだ、秋篠宮家の長女・眞子さん(30才)との結婚延期。そして、その原因だった母・佳代さんと元婚約者の金銭トラブルの問題が、全て解決したことを物語っているかのようだった。
結婚について賛否両論が長らく飛び交い続けた“小室圭さん狂騒曲”に、1つの終止符が打たれたことの証明ともいえる事象が、インターネット上でもひっそりと起きていた。あるITジャーナリストが語る。
「11月上旬から、ウィキペディア日本語版の中に『小室圭』さんの項目が復活したのです。実は、眞子さんとの婚約ニュースが出た2017年に1度は作られていたのですが、同年、有志のウィキペディア編集者による議論の中で『特筆性がないこと、ゴシップ程度の情報しかないこと』を理由に、自体が削除されていました」
ここ4年間は、「小室圭」と検索しても「ウィキペディアでは現在この名前の項目は作成できません」と表示されるのみだった。当時の「眞子内親王」の単独記事の中でも「国際基督教大学の同級生で、法律事務所勤務の男性K」と、イニシャルで表記されていた。
前出のITジャーナリストは「端的にいえば、噂や疑惑レベルの確証の低い情報を悪意的に書き込むアンチによる“荒らし”が多発して、収拾がつかなくなり、個人のプライバシー尊重の方針から非掲載にしていたわけです」という。
今回の項目復活に際しても、編集者たちの間でも賛否が分かれており、復活後も「削除依頼」が後を絶たないと見られている。
「ただ、世界的には小室さんとは比較にならないほどに注目されるメ―ガン妃の項目は存在しているし、何より元皇族の眞子さんとご結婚されたことは、揺るがない事実。ウィキペディアに掲載されるのは当然でしょう。そこには婚約が延期され、4年かかって結婚した経緯も客観的に記載されています」(前出・ITジャーナリスト)
これも一連の騒動がひと段落した結果といえるだろう。ここからは、来年2月のニューヨーク州の司法試験合格に向けて邁進するのみだ。