「ヒスブル」元メンバーに実刑=強制わいせつ未遂―さいたま地裁

埼玉県内の路上で女性にわいせつな行為をしようとしたとして、強制わいせつ未遂罪に問われた人気バンド「ヒステリック・ブルー」(解散)の元メンバー、二階堂直樹被告(42)の判決が24日、さいたま地裁であり、任介辰哉裁判官は懲役1年2月(求刑懲役1年6月)を言い渡した。
弁護側は、一瞬だけ体に触る意図しかなく県迷惑防止条例違反にとどまると主張したが、任介裁判官は「荷物を置いて後をつけるなど、継続的に触ろうとしたと認められる」と判断した。その上で、「犯行は悪質で、被害者の生活にも影響を与えている」と非難した。
判決によると、二階堂被告は昨年7月、同県朝霞市の路上で女性に背後から近づき、口をふさいで胸に触ろうとした。