東国原「不快」会見の木下氏は「ほとぼり冷めた頃、しれっとコメンテーターで」と推測

元宮崎県知事でタレントの東国原英夫が23日、ツイッターを連続投稿。東京都議選前に無免許運転を繰り返していたとして在宅起訴され、東京都議会から2度の辞職勧告決議を受けながら拒否し、22日になって辞職した木下富美子氏について、同日の会見が「実に不快だった」と明かした。
東国原は「謝罪に徹すると思いきや実績アピールや都議会の批判。度重なる無免許運転に象徴されるが、やはりこの方は政治家としての資質・適性に欠ける」と斬り捨てた上で、「性善説や良識に期待する対応・立法は難しい時代。こういうモンスターを排除する法改正・法整備が必要である」と見解を示した。
そして、次のツイートでは「こういう輩も、熱(ほとぼ)りが冷めた頃、しれっとコメンテーターなんかでTVやネットに出て来たりするんだろうな~」と今後の展開を推測。コメントでは木下氏の出演番組予想や、「強烈な自虐キャラ全開ならアリかも」などの声が寄せられた。