白バイが白バイに追突 「福岡国際マラソン」の規制解除中

5日午後2時35分ごろ、福岡市中央区舞鶴3丁目の幹線「那の津通り」で、福岡中央署の男性巡査(37)の白バイが、同署の男性巡査部長(46)の白バイに追突した。巡査は病院に搬送され、鎖骨を折るなどの重傷。巡査部長は軽傷。
署によると、現場は当日行われた福岡国際マラソンのコース。レース後、2台は規制解除の業務に当たっており、巡査部長、巡査の順で走行。巡査部長が減速したのに気付かず、巡査が追突したとみられる。