愛知でオミクロン株の感染を初確認 母娘の2人 市中感染か

愛知県は26日、新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」の感染者が県内で初めて確認されたと発表した。感染したのは県内在住で同居する10代と40代の母娘の2人。いずれも海外渡航歴は無く感染経路は不明で、県は市中感染とみている。
東京都、オミクロン株の市中感染を初確認 2人は県が24日、オミクロン株への感染の疑いがあると発表し、詳しく調べていた。いずれも軽症で既に医療機関に入院している。
2人は県が24日、オミクロン株への感染の疑いがあると発表し、詳しく調べていた。いずれも軽症で既に医療機関に入院している。