奈良県で初のオミクロン感染確認、米から帰国の20代女性

奈良県は26日、県内在住の20歳代の女性が、新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」に感染したと発表した。
同県でのオミクロン株の確認は初めて。
発表によると、女性は今月19日に米国から羽田空港に帰国。検疫では陰性だったが、同じ便の搭乗者でオミクロン株の感染が確認されたため、県内に戻った後、待機施設に入所していた。22日に発熱があり、新型コロナの陽性と確認された。女性は陽性確認時に軽症だったが、現在無症状で県内の医療機関に入院している。
女性は一人暮らしで県内に戻ってからの濃厚接触者はいないという。