憧れの「タワマン」に住み、夫婦関係が「完全に壊れた」36歳・専業主婦の大誤算 夫がテレワークになった結果…

「亭主元気で留守がいい」――テレビのCMから生まれたこのコピーは、1986年の新語・流行語大賞にもランクインした言葉だが、「夫婦というものは適度な距離感を保っているほうが長期的にうまくいく」というのは、令和の世でも変わらない「真理」だともいえる。
新型コロナウイルスが蔓延して以降、にわかに聞かれるようになったのが「コロナ離婚」というフレーズだ。
多くの会社でテレワークが導入され、夫婦ともに毎日ずっと自宅にいるせいで、近すぎる距離感からトラブルにつながるケースが多発している。
いわば一連のパンデミックの二次被害ともいえる悲劇だが、「家」という閉鎖的な空間で、なにが起こっているのか――今回の記事では、そんな「コロナ離婚の危機」という闇の深さをご紹介したい。
Photo by iStock
夫婦仲は決して悪くなかった、が……「平日は自分の生活を楽しんで、週末は家族で過ごす。そのサイクルが突然崩れて、こんなにストレスが溜まるなんて思ってもみませんでした」佐藤理恵さん(仮名・36歳)は、江東区のタワーマンションに暮らす専業主婦だ。理恵さんの夫である孝之さんは、2歳年上の38歳。勤め先のIT企業は、数年前に上場して業績は急拡大。孝之さんは営業本部長に就任し、収入は一般のサラリーマンに比べてかなり高額になった。それを機に、理恵さんはそれまで勤めていた商社を退職。同時に孝之さん名義でローンを組んで現在の住まいを購入し、理恵さんは「タワマン暮らしの専業主婦」という身分を得た。「正直な話、仕事に対してそんなに熱意はありませんでした。当時は子どもを保育園に預けて働いていましたが、ワーママ生活に疲れを感じていましたし。専業主婦になれる、憧れていたタワマンに住めるのですから、大満足でした」それまで理恵さん夫婦と息子の拓也くん(5歳)が住んでいたのは、60平米くらいで3LDKのマンションだ。古くはないが決して新しくもなく、「いずれはマイホームが欲しい」という思いはあったが、夫婦ともにタワマンへの憧れをもっていたという。「ふたりとも『いつかタワマンに住んでみたい』となんとなく考えていたので、子どもが生まれてもマイホーム購入をためらっていたという事情があります。主人の昇進を機に踏み切ることができました。いい生活をさせてもらっていましたよ。主人は昇進して仕事が一気に忙しくなって、平日の帰りはだいたい夜10時以降。夜中になることもしばしばです。わたしは毎日、息子を幼稚園に送り出してからは、家でとにかくのんびり過ごしていました。おこづかいは充分にもらっていたので、ママ友とランチしたりお茶したりするのも自由。ふだんは子どもと二人暮らしという感じで、週末だけ主人の世話を焼く。生活の負担はまったく感じていませんでした」Photo by iStock そんな暮らしぶりを友人に話すと、軒並み羨ましがられたという理恵さん。夫婦のコミュニケーションが乏しかったわけではない。孝之さんは「平日は放っておいて申しわけない」という気持ちがあったようで、週末には遊園地や動物園など、いろいろな場所に積極的に連れ出してくれた。絵に描いたような「幸福な家族」だ。しかし、そんな生活は突如として一変した。新型コロナウイルス感染症の蔓延で、孝之さんがテレワーク勤務となったのだ。孝之さんが自宅で仕事をするようになり、日中も同じ空間で生活することになった佐藤さん夫婦。これまで夫婦仲は悪くなかったものの、タワマンに住んだことが影響した結果、2人の関係は一変する……。佐藤家に何が起こったのか、詳細は【後編】『理想の3人家族を「崩壊」させた、「3LDK」タワマンのヤバすぎる住環境』をご覧いただきたい。
「平日は自分の生活を楽しんで、週末は家族で過ごす。そのサイクルが突然崩れて、こんなにストレスが溜まるなんて思ってもみませんでした」
佐藤理恵さん(仮名・36歳)は、江東区のタワーマンションに暮らす専業主婦だ。理恵さんの夫である孝之さんは、2歳年上の38歳。勤め先のIT企業は、数年前に上場して業績は急拡大。孝之さんは営業本部長に就任し、収入は一般のサラリーマンに比べてかなり高額になった。
それを機に、理恵さんはそれまで勤めていた商社を退職。同時に孝之さん名義でローンを組んで現在の住まいを購入し、理恵さんは「タワマン暮らしの専業主婦」という身分を得た。
「正直な話、仕事に対してそんなに熱意はありませんでした。当時は子どもを保育園に預けて働いていましたが、ワーママ生活に疲れを感じていましたし。専業主婦になれる、憧れていたタワマンに住めるのですから、大満足でした」
それまで理恵さん夫婦と息子の拓也くん(5歳)が住んでいたのは、60平米くらいで3LDKのマンションだ。古くはないが決して新しくもなく、「いずれはマイホームが欲しい」という思いはあったが、夫婦ともにタワマンへの憧れをもっていたという。
「ふたりとも『いつかタワマンに住んでみたい』となんとなく考えていたので、子どもが生まれてもマイホーム購入をためらっていたという事情があります。主人の昇進を機に踏み切ることができました。
いい生活をさせてもらっていましたよ。主人は昇進して仕事が一気に忙しくなって、平日の帰りはだいたい夜10時以降。夜中になることもしばしばです。わたしは毎日、息子を幼稚園に送り出してからは、家でとにかくのんびり過ごしていました。
おこづかいは充分にもらっていたので、ママ友とランチしたりお茶したりするのも自由。ふだんは子どもと二人暮らしという感じで、週末だけ主人の世話を焼く。生活の負担はまったく感じていませんでした」
Photo by iStock
そんな暮らしぶりを友人に話すと、軒並み羨ましがられたという理恵さん。夫婦のコミュニケーションが乏しかったわけではない。孝之さんは「平日は放っておいて申しわけない」という気持ちがあったようで、週末には遊園地や動物園など、いろいろな場所に積極的に連れ出してくれた。絵に描いたような「幸福な家族」だ。しかし、そんな生活は突如として一変した。新型コロナウイルス感染症の蔓延で、孝之さんがテレワーク勤務となったのだ。孝之さんが自宅で仕事をするようになり、日中も同じ空間で生活することになった佐藤さん夫婦。これまで夫婦仲は悪くなかったものの、タワマンに住んだことが影響した結果、2人の関係は一変する……。佐藤家に何が起こったのか、詳細は【後編】『理想の3人家族を「崩壊」させた、「3LDK」タワマンのヤバすぎる住環境』をご覧いただきたい。
そんな暮らしぶりを友人に話すと、軒並み羨ましがられたという理恵さん。夫婦のコミュニケーションが乏しかったわけではない。孝之さんは「平日は放っておいて申しわけない」という気持ちがあったようで、週末には遊園地や動物園など、いろいろな場所に積極的に連れ出してくれた。絵に描いたような「幸福な家族」だ。
しかし、そんな生活は突如として一変した。新型コロナウイルス感染症の蔓延で、孝之さんがテレワーク勤務となったのだ。
孝之さんが自宅で仕事をするようになり、日中も同じ空間で生活することになった佐藤さん夫婦。これまで夫婦仲は悪くなかったものの、タワマンに住んだことが影響した結果、2人の関係は一変する……。佐藤家に何が起こったのか、詳細は【後編】『理想の3人家族を「崩壊」させた、「3LDK」タワマンのヤバすぎる住環境』をご覧いただきたい。