紀州のドン・ファン元妻、拘置所近くの販売店で「出演DVD」爆売れ

“紀州のドン・ファン”こと資産家の野崎幸助氏(享年77)の殺害容疑で、元妻の須藤早貴被告(25)が殺人と覚醒剤取締法違反容疑で逮捕・起訴されたのは2021年4~5月のこと。あれから8か月、野崎氏が遺した約13億円の遺産を全額和歌山県田辺市に寄付するという遺言書が別人によって書かれたものだという筆跡鑑定が出されるなど、遺産をめぐる争いも勃発しているが、事件自体は膠着状態が続いている。
【写真】大胆な、出演DVDの店内ポップ広告「和歌山県警は須藤被告が離婚を切り出されたことで致死量の覚醒剤を飲ませて殺害したとみているが、被告は黙秘を続けているそうです。検察側もまだ十分な証拠が集められていないのか、初公判の目処は立っていません。被告は現在和歌山市内にある拘置所に勾留されていますが、接見禁止となっています」(全国紙社会部記者) だが、そんな動かぬ事件をよそに、地元で“沸き立っている”場所がある。須藤被告がいる拘置所の近くにある地元DVD販売店だ。「被告が数年前に出演したアダルトビデオが販売されているんです。野崎氏が離婚を切り出すきっかけになったとされる“問題作”ですが、地元記者たちが“取材”という名目でこぞって買っています」(地元紙記者) そのDVD販売店には、須藤被告出演の作品が棚の1か所にずらりと並び、〈Amazonのランキングで話題になっている下記商品を数量限定で再販!? 紀州のド●ファンの嫁〉というポップ広告まで掲げられている。 同店の店員はこう話す。「逮捕の後、AmazonのDVDランキングで彼女の作品が1位になったので、発注をかけ大量に仕入れたんです。報道が過熱していた時期には一日に10本以上売れたこともあります。有名女優もの以外の作品では異例の売り上げです。問い合わせも多く、今でも売れ行きはいいですよ。根強いファンが多いようです」 今なお彼女の周りにはカネの話が尽きない。※週刊ポスト2022年1月1・7日号
「和歌山県警は須藤被告が離婚を切り出されたことで致死量の覚醒剤を飲ませて殺害したとみているが、被告は黙秘を続けているそうです。検察側もまだ十分な証拠が集められていないのか、初公判の目処は立っていません。被告は現在和歌山市内にある拘置所に勾留されていますが、接見禁止となっています」(全国紙社会部記者)
だが、そんな動かぬ事件をよそに、地元で“沸き立っている”場所がある。須藤被告がいる拘置所の近くにある地元DVD販売店だ。
「被告が数年前に出演したアダルトビデオが販売されているんです。野崎氏が離婚を切り出すきっかけになったとされる“問題作”ですが、地元記者たちが“取材”という名目でこぞって買っています」(地元紙記者)
そのDVD販売店には、須藤被告出演の作品が棚の1か所にずらりと並び、〈Amazonのランキングで話題になっている下記商品を数量限定で再販!? 紀州のド●ファンの嫁〉というポップ広告まで掲げられている。
同店の店員はこう話す。
「逮捕の後、AmazonのDVDランキングで彼女の作品が1位になったので、発注をかけ大量に仕入れたんです。報道が過熱していた時期には一日に10本以上売れたこともあります。有名女優もの以外の作品では異例の売り上げです。問い合わせも多く、今でも売れ行きはいいですよ。根強いファンが多いようです」
今なお彼女の周りにはカネの話が尽きない。
※週刊ポスト2022年1月1・7日号