オミクロン株「国内初」クラスター、高齢者施設で職員2人・利用者3人感染

大阪府は28日、同府寝屋川市の高齢者施設で、計5人が新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」に感染していることが確認されたとして、クラスター(感染集団)に認定したと発表した。
オミクロン株によるクラスターは国内初とみられる。
府によると、施設では25日に40~50歳代の女性職員2人のオミクロン株感染が確認され、27日には施設利用者で60~80歳代の男女3人のオミクロン株感染が判明した。5人はいずれも無症状か発熱などの軽症。
同施設の職員は約10人、利用者約50人。他に3人のコロナ感染が判明しており、府はオミクロン株かどうか調べている。