「申し訳ない」猪苗代湖ボート事故 被告の男が謝罪

瑛大君の母親:「1年以上経っても、今でも瑛大がいないことが信じられないのは毎日続いてて」
去年9月に福島県の猪苗代湖で大型ボートにはねられ、当時8歳の豊田瑛大君が亡くなった事故。母親ら2人も巻き込まれ、重傷を負いました。
27日に行われた初公判。業務上過失致死傷の罪に問われている佐藤剛被告(44)は、取り返しのつかないことになったのは申し訳ない」と謝罪。
起訴内容をおおむね認めたうえで、こう主張しました。
佐藤剛被告:「今でも(被害者らを)発見できたか、全く分かりません」
事故を予見できなかったという佐藤被告。
一方、検察は「前方を走る仲間のボートは100メートル先で被害者らを発見し、かじを切った」として、佐藤被告が注意を怠ったことで被害者らに気付かずに走行を続けたと指摘しました。