青森・農業高校の牛舎で血を流した男子生徒 意識不明の重体 牛に蹴られたか

青森県十和田市の農業高校の牛舎で、男子生徒が、血を流して倒れているのが見つかり、意識不明の重体となっている。牛に蹴られるなどした可能性が高いという。
27日午前10時30分ごろ、十和田市の青森県立三本木農業高校で、男子生徒(17)が、牛舎の中で、頭から血を流して倒れているのを、教師が見つけた。男子生徒は、病院に運ばれたが、頭の骨が折れていて、脳挫傷の状態で、意識不明の重体だという。
当時、男子生徒は実習中で、他の生徒6人とともに、牛舎の清掃作業をしていた。作業には、教師も立ち会っていたという。青森県警は、男子生徒が、牛に蹴られるなどした可能性が高いとみて、原因を調べている。