オミクロン株 2022年1月に90%超 京大・西浦教授 大阪で試算

新型コロナ対策を厚生労働省に助言する専門家会合が開かれ、大阪府では、2022年1月には、オミクロン株の割合が90%を超えるとの試算が示された。
京都大学の西浦教授らの試算によると、オミクロン株について、1人の感染者が何人に感染させたかを示す実効再生産数を、デルタ株の2.81倍として計算すると、大阪府では、オミクロン株への置き換わりが進み、2022年1月11日には、オミクロン株の割合が90%を超えると予想されるとしている。
また大阪では、2022年1月11日時点の新型コロナウイルスの広がりやすさは、デルタ株の流行時から比べて、2.64倍になると考えられるとしている。