“最強寒波”各地で異例の大雪 平年を大幅に上回る積雪

12月としては最強クラスの寒波がもたらした大雪で、北日本や東日本の所々で、平年を大幅に上回る積雪となっている。
28日朝は、北海道や青森県内で局地的に雪が強まり、青森市では、12月としては37年ぶりに積雪が100cmを超え、住宅を覆いつくすところも。
酸ケ湯では積雪が248cmと、この冬、全国で一番多く、北海道・岩見沢市では、6時間降雪量が観測史上1位となる36cmを記録した。
また、東北から近畿・山陰にかけて、平年を大幅に上回る積雪となっているところがある。
大雪のピークはいったん収まったが、大みそかごろからは、再び年越し寒波が襲来する見込み。