「言われたとおりにやれ」と怒鳴られ 不正続く大企業、見えた共通項

三菱電機や東芝、みずほ銀行など大企業で、今年は不祥事が相次いだ。
各社の調査報告書から見えてくるのは「もの言えぬ閉鎖的な組織」だ。取締役会がうまく機能しないなどチェック体制の弱さも指摘されている。
三菱電機では品質や検査をめぐる不正が広がる。弁護士らの外部調査委員会が今月出した報告書は、社員が上にものが言いにくい組織を問題視した。社員への聞き取りでは、上司に萎縮する声が紹介されている。「『言われたとおりに試験をやっていればいい』などと怒鳴られることが度々あり、疑問を口にすることはしなくなった」。過去にも不正があったのに、取締役や監査役らが適切に調査してこなかったという。
東芝の株主総会をめぐる圧力問題では、経営陣の一部に企業倫理に反する行為があったとする報告書が11月に出た。経済産業省を頼りにしすぎる「行政依存」の体質だったという。
システム障害を繰り返したみずほ銀行では情報が経営陣まで伝わりにくく、責任の所在もあいまいになっていた。金融庁は「言うべきことを言わず、言われたことしかやらない」といった組織を見直すよう促す。
再発防止策として三菱電機やみずほ銀行は、拠点や部門間の人事異動を増やし、外部人材の登用などを進める。東芝は「誤りを認める文化」を築くため、失敗に関する情報をその都度社内で共有する。
三菱電機や東芝、みずほ銀行の親会社のみずほフィナンシャルグループは社外取締役が多数を占める「指名委員会等設置会社」だ。社外の目で経営を監視するはずだったが、ガバナンス(企業統治)は十分に機能しなかった。
企業統治に詳しい久保利英明弁護士は「社外取締役を増やしても、社長に寄り添う人物や上に逆らえないイエスマンをそろえた『お友達内閣』なら役に立たない」という。(村上晃一)