沖縄米軍感染、オミクロン株が47%…在日米軍から伝達受け外務省発表

外務省は29日、沖縄県の米海兵隊基地キャンプ・ハンセン(金武町など)で新型コロナウイルスの感染が広がっている問題に関し、変異株について検査を行った隊員らのうち47%が、新たな変異株「オミクロン株」の感染だとみられると発表した。
在日米軍が同省に米側の検査結果を伝えた。
外務省によると、29日朝までに、同基地では272人の新型コロナの感染が確認されている。