「“旦那のパンツも洗わないくせにいい財布を買って”と小言」「3日間、強制的に義父とサシ飲み」… 復活する“義実家への帰省問題”

「結婚しないのか? 子どもが産めなくなるぞ」「同級生の〇〇ちゃんは…」 昨年は帰省せずに済んだのに…帰省したくない人々の“言い分” から続く
リモートワークの普及や大規模な飲み会自粛など、これまでの常識をあらゆる角度でぶち壊した新型コロナウイルス。そして、昨年から今年はコロナの感染拡大や、高齢者への感染を避けるため“年末年始の帰省”という慣習も自粛が求められた。実際、コロナ禍の年末年始は自宅で過ごしたという人も多いだろう。
【写真】この記事の写真を見る(2枚)
もちろん現在も予断を許さない状況ではあるが、来る2021年から22年の年末年始は帰省する人々が増える見込みだ。その一方で「本音を言えば、昨年は帰省せずに済んでうれしかった」という人も少なくない。本稿では実家への帰省に憂うつを抱える人々に話を聞いた。(全2回の2回目。#1から読む)
iStock.com
◆◆◆
結婚をすれば、パートナーの生家も義理の“実家”となる。既婚者たちに話を聞くと「義理の実家には帰省したくない」という声が多く上がった。
「義母に『座ってていいから!』と強めに押し切られて、家事を手伝わせてもらえませんでした。にもかかわらず、自宅に帰ってから『オフクロから文句言われたんだけど……』と、夫経由で何もしなかったことを咎められる。じゃあ、いったいどうしろと?」(45歳・女性)
「義理の実家の“家”がものすごく寒い。先方も気にしてはくれるが、温めるのには限界があるし、ことさら寒いともいえない。帰省する度に、年末年始は子どもが風邪をひかないかひやひやします……。可能ならば夜はホテルに泊まりたいが、絶対に無理」(33歳・女性)
「近所の人々を呼んで集まるのが好きな義両親。年末年始も、親戚ですらない人々が義実家に大集合する。居心地の悪さがハンパじゃないし、少しでも私がスマホをいじっていると、素性もわからないおじさんから『つまんない?』と訊かれて、いちいち対応するのもめんどくさい」(24歳・女性)
「コロナ前までは、妻の一族全員で年末年始に旅行するのが定番のイベントでした。義実家に数日拘束されるよりはマシなんですけど、夜中に麻雀に呼ばれて断れず、次の日は貫徹のまま朝から観光地を巡る。この強行スケジュールはかなりキツい。年末年始はお金もかかるし、正直旅行しなくてもいい」(40歳・男性)
このように、義理の両親・親類と過ごす年末年始は気疲れでヘトヘトになり、くつろぐどころではないようす。
相田香菜さん(26歳)は、義実家で過ごす年末年始が本当に苦痛だという。
「とくに義母と相性が悪くて、あからさまな嫌味を言われるんですよね。年末年始に少し夜ふかしして、朝起きるのが9時頃になってしまうと『あら、おそよう』と言ってくる。その後もかってに自分で家事を始めたにもかかわらず、ここぞとばかりにこちらへのあてつけを連発してきます。私が持っていたMIU MIUの財布を見て『旦那のパンツも洗わないのに、素敵な財布を買ってもらえてうらやましいわ』と嫌味たっぷりに言われたときのことは、一生忘れません」
相田さんは内心「お前だって洗濯板で洗濯してるわけじゃねえだろ」と怒り心頭だったものの、とにかく謝りつづけた。
「相手の態度から『金を出すから口を出させろ』という本音が透けて見えるんですよね。お金の面を抜きにしても、義理の親に言い返すこともできないから『そうですよね~』と言ってニコニコしてるしかない。パワハラと同じです」
自宅に帰り、義母の嫌味がストレスだと夫に相談しても「大丈夫、母さんは香菜のこと気に入ってるよ」と見当違いの返事をするのみで、まったく対応してくれないという。
相田さんがそれ以上にイヤだと話すのは、義実家で飼われているペットの存在だ。義実家の室内で飼われている犬とは義母以上に相性が悪い、と彼女は顔をしかめる。
「私は、子どもの頃から犬好きです。でも、義実家の犬はまったくしつけがなっていなくて大嫌い。ずっと落ち着きがなくて、人の食べ物も食べちゃうし、それを見るのもイヤですね。ずっと私に吠えてきて、歩いていると足に噛み付いてくるから、噛まれたくなくてトイレも我慢してます……。義実家のペットに会うのが一番の苦痛なんですよね」
相田さんが噛まれている姿を見ても、犬を止めるわけでもなく「しょうがないな~」という反応しかしないという。義実家のペットと折り合いをつけるのは、かなり難しそうだ。
「毎回年末年始は、帰省する、しないで、夫とケンカになります。でもこの1年は『義両親の健康のために帰省しない』という大義名分があったので、義実家に行かずにすみました。でも今年は、義母からLINEで『ワクチン打ったなら来ていいよ』と言われているので、残念ながら帰省することになりそうです……」
水谷俊樹さん(45歳)も、妻の実家に行く度に「早く帰りたい」と考えながら過ごしているそう。
「毎回1泊の予定で帰省するんですけど『もっと泊まっていけ』と言われて、結局3泊くらいズルズルと泊まらせられるんですよね。義両親は70代後半なので『男は台所に立つな』って感じで、滞在中の3日間は強制的に義父とサシ飲みになる。ほぼ動かずにずっと食べ通し、飲み通しなのも地味にキツい」
親戚の集まりも肩身が狭く、水谷さんはタバコを吸うために何度も席を立つという。
「実家に帰るとタバコの消費量がかなり増えますね。家の中でタバコを吸っていいよ、とは言われるんですけど、さすがに誰も吸ってないところでは吸えないですよ。あと、タバコ休憩は心の避難場所でもあるので、どんなに寒くても外に出ます」
しかし、どんなに居心地の悪さを感じても、水谷家が円満に1年を過ごすためにも“妻の実家帰省”は欠かせない、と水谷さんは話す。「年末年始の帰省は、妻にとってのストレス発散行事なんですよね。帰省中は気兼ねなく自分の両親に子どもを任せられるし、義両親も孫に会いたいからウィン・ウィン。『自分がいる意味はあるのか……?』という疑問もありますが、昨年はコロナで妻も帰省できなかったこともあり、鬱憤が溜まっていたかも。前よりも、ケンカの頻度が増えたような気がします」 そんな水谷家も、今回の年末年始は妻の実家に帰省予定とのこと。水谷さんは「自分だけでも1泊で帰れるように交渉してみます」と、意気込みを語った。 コロナ禍によって実家への帰省が当たり前ではなくなった。今回話を聞いた人々のように、これまでやりすごしていた不満も我慢できなくなった、という人もいるはず。もしかしたら、帰る人と迎える人、双方にとってベストな帰省方法を模索するチャンスは、まさに今なのかもしれない。(清談社)
しかし、どんなに居心地の悪さを感じても、水谷家が円満に1年を過ごすためにも“妻の実家帰省”は欠かせない、と水谷さんは話す。
「年末年始の帰省は、妻にとってのストレス発散行事なんですよね。帰省中は気兼ねなく自分の両親に子どもを任せられるし、義両親も孫に会いたいからウィン・ウィン。『自分がいる意味はあるのか……?』という疑問もありますが、昨年はコロナで妻も帰省できなかったこともあり、鬱憤が溜まっていたかも。前よりも、ケンカの頻度が増えたような気がします」
そんな水谷家も、今回の年末年始は妻の実家に帰省予定とのこと。水谷さんは「自分だけでも1泊で帰れるように交渉してみます」と、意気込みを語った。
コロナ禍によって実家への帰省が当たり前ではなくなった。今回話を聞いた人々のように、これまでやりすごしていた不満も我慢できなくなった、という人もいるはず。もしかしたら、帰る人と迎える人、双方にとってベストな帰省方法を模索するチャンスは、まさに今なのかもしれない。
(清談社)