バイト中の独立リーグ投手 ウーバー配達先で性的暴行か…女性「怖くて抵抗できず」

宅配サービス「ウーバーイーツ」の仕事中に配達先の女性の自宅に上がり込み、暴行したとして、プロ野球独立リーグの選手が逮捕されました。
■被害女性「怖くて抵抗できず」
ホームページで、野球への意気込みを語っていたこの男。28日、警察車両に乗り込み、送検されました。
プロ野球・独立リーグの「群馬ダイヤモンドペガサス」に所属する安田尋登容疑者(22)。
23日夕方、専門学校に通う10代の女性のアパートを訪れ、性的な暴行を加えた疑いで、27日逮捕されました。
安田容疑者は当時、ウーバーイーツの配達をしていて、女性が注文した軽食を届けた後、そのまま家に上がり込んだとされています。
警察によると、「押し入った」のではなく、「言葉巧みに」家に上がり込んだとみられますが、女性は「怖くて…抵抗できなかった」と話しています。
安田容疑者は、これまでも、被害に遭った女性の自宅に何度か配達したことがあり、女性のことを知っていたといいます。
埼玉県狭山市出身の入団1年目の投手で身長178センチ、体重82キロ。10月からはオフシーズンで、球団から給与の支払いがなくなるため、ウーバーイーツでアルバイトをしていました。
球団は28日、ホームページを更新。
群馬ダイヤモンドペガサス:「現在、事実関係を調査中ですが、事実確認出来次第、厳正なる対応で臨むつもりでおります」
安田容疑者は、警察の調べに対して、「間違いないが、無理やりではない」と容疑を否認しています。
■女性利用者「1人だと怖い」
今回の事件を受けて、ウーバーイーツを利用する人からは不安の声が上がっています。
利用者:「皆使っているアプリだと思うので。結構、皆信頼してやっていると思うので。そんな急に入って来られたら、対応が多分できないし、家で1人だと思うので、ちょっと怖いなと思います。1人でいる時は、割と玄関先に置いてもらって、『置きました』っていう通知が来てから取りに行く」
ウーバーを巡っては、配達員を名乗る男性から自宅のポストに“ラブレター”のような手紙が届くという事例も発生。配達員とのトラブルを避けるため、独自の対策を取っている人もいました。
利用者:「オートロックの中に入られるのがちょっと怖いから、オートロックの外にこっちから先に出て、下で待ってるみたいな。私の場合は、旦那が下に出てやってる(取りに行く)ことの方が多い」
ウーバージャパンの担当者は、今回の事件を受けて、「配達完了後の注文者との不必要な接触は禁止している」「規則の違反者には、アカウントの停止措置を含めた対応をとっている」と、コメントしています。