吉村洋文知事、文通費の法改正で見送りで「残念なのは立憲民主党です」

大阪府の吉村洋文知事が29日、テレビ朝日の大下容子アナウンサーがキャスターを務める同局系「大下容子ワイド!スクランブル」(月~金曜・午前10時25分)にリモート生出演した。
番組では、国会議員の文書通信交通滞在費(文通費)の法改正が臨時国会で見送りになったことを伝えた。吉村氏が副代表を務める「日本維新の会」は「文通費」の日割り支給、使途公開、未使用分の国庫返納の3点で法改正を目指している。
吉村氏は「本質は経費なので経費だから領収書を付けるのは当たり前でしょう、と。余ったら返還するのは当たり前でしょう、と。当たり前の法改正をやりましょうと難しいことを言っているとは思っていませんので、日割りだけをやって、終わらせてごまかされるぐらいだったら、これを3点ひとつにして与党にぶつけていく必要があるし、法改正すべきだと思ってます」と述べた。
さらに「我々、法案を出しましたので維新として自ら自主的にルールを作って公開をし、領収書を付けることを実際に自分たちでやる。それで与党にぶつけて、これは変えなきゃいけないとこれからも言っていきます」と述べた。その上で「残念なのは立憲民主党です。自分たちで法案を出しておいて、領収書も出さないと言っているので。そこも自民党に見透かされているんだろうと思います」と述べていた。