クリスマス和菓子が受け取り拒否、ボロボロで戻り自ら廃棄 悲痛の職人を「一通の手紙」が救った

栃木県の人気和菓子店が販売した「クリスマス和菓子」が、代引き決済で注文した注文者から受け取りを拒否された。
店に返送された和菓子はボロボロ。電話をかけても、メールを打っても、注文者からの返事はなかった。「自らの手で廃棄するのがどうしようもなく辛い」。落胆する店主の心を救ったのは、別の購入客から届いた一通の手紙だった。
栃木県真岡市にある和菓子店「御菓子司 紅谷三宅」。店の売りは「次世代和菓子」と名付けた、個性的でかわいらしい見た目の和菓子だ。店主の三宅正晃さんが作る動物やキャラクターの和菓子は、SNS上でもたびたび話題になる。
今冬はサンタやトナカイ、クリスマスツリーなどをモチーフにした「クリスマス和菓子」を、通販サイトで受注販売した。木型を使用せずに手作業だけで仕上げる「練り切り」という生菓子で、他の和菓子よりも作るのに手間がかかる。
普段の商品にはつけない、メッセージカードもつけた。「たとえひとりの方でも、クリスマスを楽しんでいただけたらと思い、店の若女将が書きました」。店主の三宅さんは2021年12月27日、J-CASTニュースの取材に話す。
11月下旬に販売を開始すると、注文が殺到。商品を購入できない人もいた。12月になり、全国の注文者へ向けて発送された。だが、クリスマスイブ前日の12月23日、商品の一つがそのまま店に戻ってきた。代引き決済で注文を受けたが、注文者から受け取りを拒否されていた。
若女将が書いたメッセージカードは、包装紙とリボンの間に挟まったまま。箱を開けると、度重なる再配達で和菓子はボロボロになっていた。商品は捨てざるを得なかった。
三宅さんは24日、店のツイッターで思いを吐露した。
なぜ、商品を受け取ってくれなかったのか。三宅さんは注文者と通話を試みたが、電話は着信拒否に設定されていた。メールも送ったが、返信はなかった。
三宅さんは取材に「連絡が取れなくても致し方ないですし、注文者の方に負の感情は抱いていません」と話す。一方で「最初はきっと純粋に欲しくて注文したと思うんです。でも、どうして…受け取れない理由くらいは、聞かせてほしかったなと思います」と複雑な胸中も明かした。
代引き決済で注文を受けた商品が返送されるケースは、年に2~3回発生するという。ただ、三宅さんにとってクリスマス和菓子への思い入れは特別だった。
クリスマスイブの夜は、日付が変わる直前まで、店頭販売向けのクリスマス和菓子を作った。「どうしても、受け取っていただけなかった理由を知りたい。でも、どうすることもできない。だったら、残ってしまった気持ちをだれかに差し上げたい。最後のひと箱は、手間がかかってでも作りたいという気持ちがありました」
三宅さんは同日、ツイッターで次のような思いを口にしている。
翌日、店のポストをのぞくと、一通の手紙が届いていた。クリスマス和菓子を注文した、別の購入客からのメッセージだった。
涙が止まらなかった。ツイッター上の購入者からも、メッセージカードや包装紙を捨てないで取っている、という声が寄せられた。「なかなか表に出ない立場の職業ですので…直に感謝のお声をいただくと、心に来るものがありますね」。三宅さんはその夜、ツイッターで「私からすれば皆様がサンタさんであり、最高のクリスマスプレゼントです」とつぶやいた。
今回の件を受けて、来年からは通販での代引き決済を廃止する考えだという。「自分が作ったお菓子を自らの手で捨てさせてしまうのは、従業員の精神衛生上よくないと思っています。注文数は減るかもしれませんが、守るべきものは守りたいです」と話す。
正月に向けて受注した「迎春上生菓子」は年内に発送される。「みなさんに喜んでいただきたい、笑顔になってほしいお菓子です。写真を撮ったり、SNSに載せてくれるだけで、私としては心が救われます。家族団らんで、新しい年を迎えてほしいと思います」
(J-CASTニュース記者 佐藤庄之介)