綾野剛そっくりの猫が話題、名前も「アヤノゴー」 気にかけてもらえるように…里親募集する保護活動家の思い

俳優の綾野剛さんにそっくりな猫が里親募集に出されていると、ツイッター上で話題になっている。猫の名前はそのまま「アヤノゴー」。飼育放置されていたところを保護団体「種子島アニマルレスキュー」に引き取られた。
J-CASTニュースは2021年12月28日、種子島アニマルレスキューの吉岡裕美さんに、アヤノゴー君を保護した経緯などを取材した。
吉岡さんによれば、種子島では室外で犬猫を飼育する人が多く、厳しい条件で暮らす野良猫などが多く存在するという。こうした状況を受け、吉岡さんは種子島アニマルレスキューを個人で立ち上げた。ボランティアとともに、犬や猫を保護し、治療や避妊手術、去勢などをしたうえで、里親に出す活動をしている。
アヤノゴー君は、複数の猫の飼育を放置してしまった家から引き取ったという。吉岡さんは当時をこう振り返る。
このとき保護した子猫のうち1匹がアヤノゴー君だった。当時は弱っており目から膿が出ていたという。しかし世話を続けていくうちに、元気に凛々しい顔立ちに成長した。
アヤノゴー君は、白地に少しだけ黒い柄の入った雑種のオス猫。現在は1歳3か月くらいで、人懐っこく活発な子だという。他の保護猫たちとも仲が良く、フレンドリーな性格だ。
吉岡さんによれば、アヤノゴー君は目が細く「塩顔」だという。ボランティアに訪れた大学生から「綾野剛に似ている」と指摘されたことを受け、多くの人に気にかけてもらえるようアヤノゴー君と名付けた。
アヤノゴー君は26日、ペットの里親募集サイト「ぺっとのおうち」に掲出された。紹介タイトルはシンプルに「綾野剛似」とした。
この里親募集ページが、「まじで綾野剛似で笑ってしまう」とツイッター上で紹介され、大きな注目を集めている。発端の投稿は28日17時現在までに、1万8000リツイート、7万4000「いいね」を超える反響があった。リプライ欄には、「雰囲気そのまま」「確かに似てる」と驚く声が寄せられている。
吉岡さんは当初、ツイッター上で話題になっていることを知らなかったそうで、反響を伝えると「本当ですか??」と驚いた様子だった。
アヤノゴー君を通して活動を知ってくれた人々に向けては、こう述べた。
アヤノゴー君の里親はまだ見つかっていないが、これまでに2件の問い合わせが寄せられた。今後は里親審査などを行い、アヤノゴー君にとって一番良い家庭に届けたいとのことだ。