教え子2人「なんで同時に」 北新地放火で犠牲 高校部活の監督、悲しみ抱え

大阪市北区曽根崎新地のビルのクリニックで起きた放火殺人事件で、同時に2人の教え子を亡くした男性がいる。
奈良市内の高校で少林寺拳法部監督を務める野村裕(ゆたか)さん(72)。異なる時期に自身のもとで部活動に励んだ教え子たちは、事件当時たまたまクリニックに居合わせていた。「こんな別れ方は絶対あってはならない」。突然訪れた別れに、やりきれない思いを抱えている。
「あんなにいい子たちが一瞬にして亡くなるなんて…」。野村さんは事件が起きたビルの前にタオルをそなえ、2人の教え子たちを思った。
教え子の一人、奈良県生駒市の男性(43)は、小学生のときから少林寺拳法に打ち込んでいた。部員を束ねるリーダー的な役割も担い、他の部員らから信頼を集めていたという。
部内では口数が多い方ではなかったが、黙々と練習に打ち込む姿が印象的だった。2人一組で演武を披露する「組演武」では、どの部員と組ませても正確に技を繰り出し、高い評価を得ていた。野村さんは「朴訥(ぼくとつ)としたところがあったが、技術的な部分でリーダーシップを存分に発揮してくれた」と振り返る。
もう一人の教え子は、クリニックに公認心理師として勤務していた大阪府枚方市の女性(28)。高校から少林寺拳法を始めた初心者だったが、厳しい指導に音を上げることなく、3年間鍛錬を積んでいた。近畿大会で入賞したときは、表彰状を握りしめ、満面の笑みを浮かべていた。「彼女はいつも笑顔だった。明るくて活発で友人たちからも慕われていた」
女性の代の部員は、卒業するときに黄色いメガホンを野村さんに贈った。メガホンは、野村さんが部員らを大声で指導する際に使う必需品。そのことを知る部員たちが、メッセージを寄せ書きして渡した。《先生の言葉の一言一言が心にしみました 先生のおかげで、少林寺部に入ってよかったと思えました》。女性は感謝の気持ちをこうつづっていた。
野村さんはこのメガホンを手に指導に熱を入れる傍ら、教え子たちが立派な大人に成長することを心から願っていた。だが、事件は起きた。
発生からまもなく、男性が亡くなったことをマスコミから知らされた。打ちのめされていたときに、ニュースで発表された犠牲者の中に女性と同姓同名の名前を見つけた。「まさか…」。すぐに女性の同級生と連絡を取り、事件に巻き込まれた可能性が高いことを知った。「なんで同時に2人も」と嘆いたが、受け入れるしかなかった。
事件から数日後、部活動の練習前、部員たちとともに黙(もくとう)をささげた。「先輩らの遺志を継ぎ、君たちは頑張らないといけない」。2人を思うと、自然とそんな言葉が口をついて出た。
野村さんの手元には、数枚の写真がある。胴着姿で仲間と一緒にポーズを決める男性に、表彰状を手にして誇らしげに笑う女性。写真を眺めるうちに、かつての記憶がよみがえる。「今は、2人と過ごした日々をゆっくりと振り返っている」。野村さんは寂しげにつぶやいた。(宇山友明、鈴木文也)