冬のボーナス減に困る人々 年収850万円男性「200万から87万に。今年マンション購入したので残念」

キャリコネニュースでは「冬のボーナス」をテーマにアンケートを実施。昨年との比較や困りごとなどを尋ねたところ、大幅に減って落胆する声が複数あった。サービス業(販売・外食)で30代後半の男性は、「昨年200万が今年は87万です」とかなりの減額を報告し
「業績悪化に伴う一時金カット。目先で困る事はないが、3月にマンションを買い手元資金が減り、再度増やしたいタイミングだったので残念」(神奈川県/正社員/年収850万円)
と失望感をにじませた。(文:okei)
※キャリコネニュースでは「冬のボーナス」をテーマにアンケートを実施しています。回答はこちらから https://questant.jp/q/619NMB2H
ITエンジニア(システム開発・SE・インフラ)として働く50代前半の男性は、困っていることはないようだが、気力が萎えた様子でこう書いている。
「昨年は130万円だった、今年は90万円。業績悪化。コロナで出歩かない(旅行などに行かない)ので、特には無いが『なにかをしよう!』という気持ちにならない」(千葉県/正社員/年収1300万円)
同様に減額されてしまった40代前半の男性は、苦しさをこう綴っていた。
「昨年40万ことし18万。会社の業績不振、社長の保身、子どもの養育費に使えなくなったので、生活費を圧迫している。住宅ローンも厳しい」(岩手県/建築・土木技術職/正社員・職員/650万円)
設備・交通・運輸で働く50代前半の男性からは、こんな声もある。
「昨年より10万円減って83万円。コロナ禍による会社の業績悪化。200億円を超える赤字では、ボーナス出るだけありがたいのかもしれないが、一昨年比では30%減はつらいです」(神奈川県/正社員/年収700万円)
同様に「減った」と回答した40代後半の女性は、金額を明記していないもののこんな風に嘆いていた。
「何も買えないし、ボーナス払いとかできたことがない。こんなにしんどい仕事なのに、拘束時間が長い割に給料安すぎ」(愛知県/サービス・販売・外食/正社員/年収300万円)