アダルト動画を配信する一般人の台頭 最高月収2500万円の猛者も

素人が動画投稿で億万長者になる──YouTuberたちが切り開いたこの流れが、「アダルト」の世界にも押し寄せている。どこにでもいる一般人が、スマホで自らの性行為を撮影・配信し、巨額のカネを稼いでいるというのだ。数百万人の視聴者を抱えるトップ配信者に密着した。
【写真10枚】深いVネックのタイトな白ニット姿、地雷メイク風のあゆみ氏 無造作に布団がはだけた自宅のベッドで絡む、マスク姿の若い男女カップル。カメラアングルにこだわる監督も、吐息まで拾う音声スタッフもそこにはいない。どこにでもあるスマホで撮影されたものだ。昨今、こうした動画を世界に配信し、大金を稼ぐ者がいる。「Pornhuber(ポルノハバー)」と呼ばれる人たちだ。アダルトメディア評論家の尾谷幸憲氏が語る。

「アダルト動画サイト『Pornhub(ポーンハブ)』で、自らのセックスの動画を配信して対価を得る一般人を『ポルノハバー』と呼びます。プライベートの性行為をネットで全世界に配信してお金を稼ぐなんて驚きですが、参入者が絶えない。すっかり市民権を得たYouTuberのように、一攫千金を目指せる新たな職業として密かに人気が高まっています」 2007年にカナダの運営会社によってサービスが始まったPornhubは世界最大級のアダルト動画サイトで、2019年のサイトアクセス数は約420億回。日本は世界2位の利用者数を誇るPornhub大国とされる。「当初は既存のAVがアップロードされるなど違法性の高いサイトでしたが、2020年12月に方針を転換し、違法アップロードや児童ポルノなどに関わるとみられる不正動画を一斉に削除した。コンテンツの大幅減と同時に動画配信の仕組みを強化しサイトの健全化を進めるなかで、既存の海外の配信者を上回る勢いで日本人のポルノハバーが台頭しました」(尾谷氏) ポルノハバーが激増したもう一つのきっかけは、2021年5月にAbemaTVで放送された『給与明細』という番組だ。同番組に出演したポルノハバーが月400万円以上稼いでいることを告白し、「そんなに儲かるなら」と新規参入が相次いだ。 ポルノハバーの基本的なビジネスモデルは“先輩”であるYouTuberと重なる。「再生回数に応じて広告収入が入る仕組みはYouTubeと同じで、Pornhubの場合は一再生につき0.5~0.7円の広告収入が入ると言われている。またPornhubを入り口にして、そこで獲得したファンを有料会員制のファンクラブサイトに誘導すれば、収益が跳ね上がります。絶大な人気を誇る“トップポルノハバー”は月額2000円程度のファンクラブサイトを持ち、会員数10万人以上、月収1000万円以上を稼ぐ人もいる」(尾谷氏) 動画の総再生回数が9000万回を超え、ポルノハバーのなかでもカリスマ的人気を誇る「えむゆみカップル」のドM氏(23)とあゆみ氏(21)はいう。「すぐにお金にならなくてもいいと思っていたけど、週1ペースで動画をアップすると再生数が一本あたり50万回を超え、翌月には40万~50万円の稼ぎになり、その後も100万円単位で収入が増えました。ファンサイトを開設するとさらに金額がアップし、平均月収が1000万円ほど、最高月収は2500万円になりました。 稼いだお金はカナダの電子口座にドルで振り込まれ、あゆみちゃんと折半します。とはいえ僕は物欲がなく、服は基本的にユニクロ、よくてライトオン(笑)。家賃5万円の1DKの家にふたりで住んでます」(ドM氏) そこまでいかずとも、一般の素人女性が参入して月30万円ほど稼ぐケースはザラにあるという。「個人の特定を防ぐために、配信者の大半はマスクを着用して撮影。配信者のなかには、顔を映さず配信する人もいる」(同前) 強まる一方の影響力にプレステージなどの大手アダルトメーカーも注目し、続々とPornhubに参戦している。なぜ“商売敵”だったはずのサイトに歩み寄ったのか。アダルトメーカー・マックスエーの広報担当者の話。「『マックスジェー』という公式チャンネルを作り、長尺の動画をアップしています。公式チャンネルがあれば違法動画を積極的に削除してもらえることと、海外市場進出の足がかりにできることが大きな魅力です」 今後もさらなる市場拡大が予想されると、尾谷氏は語る。「これまでも動画投稿サイトでセックス動画を生配信する人はいましたが、全世界に配信するPornhubは収益の規模が違う。副業感覚の新規参入者は今後も増え続けるでしょう」ダウンロードは厳禁 隆盛を極めるポルノハバー市場だが、このように一般人がアダルト動画を投稿することに法的な問題はないのだろうか。大阪グラディアトル法律事務所の森山珍弘弁護士が指摘する。「Pornhubは海外のサーバーですが、“わいせつ”と認定される動画を国内で撮影して投稿したら罪に問われる可能性がある。判例によればわいせつの定義は、『いたずらに性欲を興奮、または刺激せしめ、かつ普通人の正常な性的羞恥心を害し、善良な性的道義観念に反するもの』とされており、性器にモザイクをかけていない動画はわいせつの要件を満たすと解釈されます。現状、モザイクが入っていれば、摘発の対象となる可能性は低いと言えます」 近年はアダルト動画の取り締まりが厳しくなり、Pornhubなどの動画サイトや、そのURLを紹介する「まとめサイト」にも当局の厳しい目が注がれるようになった。「そもそも『わいせつ』の基準が幅のあるものなので、今後規制がさらに厳しくなることも十分考えられる」(森山弁護士) わいせつに当たらないとしても、風営法上の問題が残る。「性的な行為などの映像を見せる営業を行なう場合、『映像送信型性風俗特殊営業』を営む事業者として、自治体に届け出を出す必要があります。厳密な法律論で言えば、サーバーが海外にあっても、配信者が日本で活動するなら届け出が必要なのですが、ポルノハバーはこの届け出を出さずに活動しているケースが大半です。実際に風営法違反でポルノハバーが摘発された事例は聞きませんが、法的なグレーゾーンで活動している部分は否定できません」(同前) では視聴者が罪に問われるケースはあるのか。「アップロードされたアダルト動画を視聴するだけなら、視聴者が刑事罰に問われることは、現時点では基本的にないと考えてよい。 ただし、無修整などのわいせつ動画や無断転載動画など、日本で違法とされる動画をダウンロードして自身の端末に保存すると、刑事罰の対象になります。Pornhubは国内サイトのように適切に管理されておらず、日本でわいせつと判断される動画が出回る可能性がある。ポルノハバーの動画を自身の端末にダウンロードしたり、画面録画で保存するのは絶対に避けましょう」(同前) 前出の尾谷氏が語る。「SNS上では『Pornhubで収益を増やすにはどうするか』が盛んに議論されており、この先もポルノハバーが増加するのは間違いない。 だからこそ、当局による摘発リスクはもちろん、男性が女性に無理強いさせる危険性、投稿者の意思に関わらず動画がネット上で無限に拡散される危険性は十分にある。動画内容もまだまだ男性主体のものが多く、女性側もどこか覚悟がないままアップしているような危うさを感じるケースもある。大金が動くビジネスだからこそ、女性が性的に搾取されないような仕組みを考えるべきです」 勃興するポルノハバーは、一攫千金と転落リスクの危ういバランスで成り立っている。※週刊ポスト2022年1月1・7日号
無造作に布団がはだけた自宅のベッドで絡む、マスク姿の若い男女カップル。カメラアングルにこだわる監督も、吐息まで拾う音声スタッフもそこにはいない。どこにでもあるスマホで撮影されたものだ。昨今、こうした動画を世界に配信し、大金を稼ぐ者がいる。「Pornhuber(ポルノハバー)」と呼ばれる人たちだ。アダルトメディア評論家の尾谷幸憲氏が語る。
「アダルト動画サイト『Pornhub(ポーンハブ)』で、自らのセックスの動画を配信して対価を得る一般人を『ポルノハバー』と呼びます。プライベートの性行為をネットで全世界に配信してお金を稼ぐなんて驚きですが、参入者が絶えない。すっかり市民権を得たYouTuberのように、一攫千金を目指せる新たな職業として密かに人気が高まっています」
2007年にカナダの運営会社によってサービスが始まったPornhubは世界最大級のアダルト動画サイトで、2019年のサイトアクセス数は約420億回。日本は世界2位の利用者数を誇るPornhub大国とされる。
「当初は既存のAVがアップロードされるなど違法性の高いサイトでしたが、2020年12月に方針を転換し、違法アップロードや児童ポルノなどに関わるとみられる不正動画を一斉に削除した。コンテンツの大幅減と同時に動画配信の仕組みを強化しサイトの健全化を進めるなかで、既存の海外の配信者を上回る勢いで日本人のポルノハバーが台頭しました」(尾谷氏)
ポルノハバーが激増したもう一つのきっかけは、2021年5月にAbemaTVで放送された『給与明細』という番組だ。同番組に出演したポルノハバーが月400万円以上稼いでいることを告白し、「そんなに儲かるなら」と新規参入が相次いだ。
ポルノハバーの基本的なビジネスモデルは“先輩”であるYouTuberと重なる。
「再生回数に応じて広告収入が入る仕組みはYouTubeと同じで、Pornhubの場合は一再生につき0.5~0.7円の広告収入が入ると言われている。またPornhubを入り口にして、そこで獲得したファンを有料会員制のファンクラブサイトに誘導すれば、収益が跳ね上がります。絶大な人気を誇る“トップポルノハバー”は月額2000円程度のファンクラブサイトを持ち、会員数10万人以上、月収1000万円以上を稼ぐ人もいる」(尾谷氏)
動画の総再生回数が9000万回を超え、ポルノハバーのなかでもカリスマ的人気を誇る「えむゆみカップル」のドM氏(23)とあゆみ氏(21)はいう。
「すぐにお金にならなくてもいいと思っていたけど、週1ペースで動画をアップすると再生数が一本あたり50万回を超え、翌月には40万~50万円の稼ぎになり、その後も100万円単位で収入が増えました。ファンサイトを開設するとさらに金額がアップし、平均月収が1000万円ほど、最高月収は2500万円になりました。
稼いだお金はカナダの電子口座にドルで振り込まれ、あゆみちゃんと折半します。とはいえ僕は物欲がなく、服は基本的にユニクロ、よくてライトオン(笑)。家賃5万円の1DKの家にふたりで住んでます」(ドM氏)
そこまでいかずとも、一般の素人女性が参入して月30万円ほど稼ぐケースはザラにあるという。
「個人の特定を防ぐために、配信者の大半はマスクを着用して撮影。配信者のなかには、顔を映さず配信する人もいる」(同前)
強まる一方の影響力にプレステージなどの大手アダルトメーカーも注目し、続々とPornhubに参戦している。なぜ“商売敵”だったはずのサイトに歩み寄ったのか。アダルトメーカー・マックスエーの広報担当者の話。
「『マックスジェー』という公式チャンネルを作り、長尺の動画をアップしています。公式チャンネルがあれば違法動画を積極的に削除してもらえることと、海外市場進出の足がかりにできることが大きな魅力です」
今後もさらなる市場拡大が予想されると、尾谷氏は語る。
「これまでも動画投稿サイトでセックス動画を生配信する人はいましたが、全世界に配信するPornhubは収益の規模が違う。副業感覚の新規参入者は今後も増え続けるでしょう」
隆盛を極めるポルノハバー市場だが、このように一般人がアダルト動画を投稿することに法的な問題はないのだろうか。大阪グラディアトル法律事務所の森山珍弘弁護士が指摘する。
「Pornhubは海外のサーバーですが、“わいせつ”と認定される動画を国内で撮影して投稿したら罪に問われる可能性がある。判例によればわいせつの定義は、『いたずらに性欲を興奮、または刺激せしめ、かつ普通人の正常な性的羞恥心を害し、善良な性的道義観念に反するもの』とされており、性器にモザイクをかけていない動画はわいせつの要件を満たすと解釈されます。現状、モザイクが入っていれば、摘発の対象となる可能性は低いと言えます」
近年はアダルト動画の取り締まりが厳しくなり、Pornhubなどの動画サイトや、そのURLを紹介する「まとめサイト」にも当局の厳しい目が注がれるようになった。
「そもそも『わいせつ』の基準が幅のあるものなので、今後規制がさらに厳しくなることも十分考えられる」(森山弁護士)
わいせつに当たらないとしても、風営法上の問題が残る。
「性的な行為などの映像を見せる営業を行なう場合、『映像送信型性風俗特殊営業』を営む事業者として、自治体に届け出を出す必要があります。厳密な法律論で言えば、サーバーが海外にあっても、配信者が日本で活動するなら届け出が必要なのですが、ポルノハバーはこの届け出を出さずに活動しているケースが大半です。実際に風営法違反でポルノハバーが摘発された事例は聞きませんが、法的なグレーゾーンで活動している部分は否定できません」(同前)
では視聴者が罪に問われるケースはあるのか。
「アップロードされたアダルト動画を視聴するだけなら、視聴者が刑事罰に問われることは、現時点では基本的にないと考えてよい。
ただし、無修整などのわいせつ動画や無断転載動画など、日本で違法とされる動画をダウンロードして自身の端末に保存すると、刑事罰の対象になります。Pornhubは国内サイトのように適切に管理されておらず、日本でわいせつと判断される動画が出回る可能性がある。ポルノハバーの動画を自身の端末にダウンロードしたり、画面録画で保存するのは絶対に避けましょう」(同前)
前出の尾谷氏が語る。
「SNS上では『Pornhubで収益を増やすにはどうするか』が盛んに議論されており、この先もポルノハバーが増加するのは間違いない。
だからこそ、当局による摘発リスクはもちろん、男性が女性に無理強いさせる危険性、投稿者の意思に関わらず動画がネット上で無限に拡散される危険性は十分にある。動画内容もまだまだ男性主体のものが多く、女性側もどこか覚悟がないままアップしているような危うさを感じるケースもある。大金が動くビジネスだからこそ、女性が性的に搾取されないような仕組みを考えるべきです」
勃興するポルノハバーは、一攫千金と転落リスクの危ういバランスで成り立っている。
※週刊ポスト2022年1月1・7日号