米海軍横須賀基地、75人が新型コロナ感染 大半が最近の入国

米海軍横須賀基地(神奈川県横須賀市)は30日、米軍関係者75人の新型コロナ感染を確認したと発表した。
米軍などが実施した検査で23~30日に陽性が判明したという。75人のうち69人が日本へ入国したのは最近という。オミクロン株への感染の有無など詳細は明らかにしていない。同基地での感染者の累計は、昨年7月に公表を始めてから1031人となった。
同基地は23日にも米軍関係者6人の感染を発表。取材に対して「在日米軍が定めたすべての健康政策を順守している」などとし、オミクロン株の感染者の有無については明確に回答しなかった。(佐々木康之)