元夫婦の21歳男女、少女に売春させる

長野県警は28日、同県岡谷市の21歳の無職の男女2人を児童福祉法違反(淫行させる行為)と売春防止法違反(周旋)の疑いで再逮捕した。
松本署の発表によると、2人は今年3月下旬、10歳代の少女が18歳未満と知りながら、売春の相手として山梨県北杜市の男(25)と引き合わせ、長野県内のホテルでみだらな行為をさせた疑い。再逮捕された2人は元夫婦。同署は認否を明らかにしていない。
北杜市の男は11月、児童買春・児童ポルノ禁止法違反(児童買春)容疑で長野地検松本支部に書類送検されている。