都バスにはねられ男性死亡、運転手を逮捕 「もっと早く気付けば」

30日午前6時半ごろ、東京都杉並区方南2丁目の都道で、男性が都営バスにはねられ、頭をひかれて死亡した。
バスは回送中で、乗客はいなかった。
警視庁はバスの運転手岩本耕一容疑者(50)=東京都中野区=を自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致死)容疑で現行犯逮捕した。男性は成人とみられ、同庁が身元を調べている。
高井戸署によると、現場は信号機や横断歩道のない片側3車線の直線道路。現場の状況などから、男性はバスの左前部にぶつかって転んだ後にひかれた可能性が高いという。
岩本容疑者は衝突の瞬間を目撃していなかったといい、「もっと早く気づけばよかった」と話しているという。署が当時の状況を調べている。
現場は東京メトロ方南町駅の北約250メートルで、周囲には住宅や店舗が立ち並んでいる。