「東京タワーVS東京スカイツリー」東京のシンボルといえばどっち? 全国1500人調査!

日本トレンドリサーチは12月23日の「東京タワー完成の日」にちなんで、「東京タワーと東京スカイツリー、東京のシンボルだと思うのはどっち?」のアンケート結果を発表しました。
全国の男女1500人を対象に、東京タワーと東京スカイツリーは「どちらが東京のシンボルだと思うか?」と、その理由について調査したものです。
早速気になる結果を見ていきましょう!
「東京のシンボルだと思う」、約7割の人が「東京タワー」と回答「東京を代表する塔(東京のシンボル)だと思うのはどちらですか」を見ると、67.9%が「東京タワー」と回答しています。7つの地域別では、東北(53.8%)と中部(58.9%)を除くすべての地域で、ほぼ7割が「東京タワー」を選んでいます。
「東京のシンボル」選んだ理由は?東京タワーを選んだ人の理由を見ると、「知らない人がいないから」や「修学旅行の思い出がある」、「東京の中心地にあり、構造が綺麗」といった声が寄せられており、「東京の元祖シンボル」と「見た目の美しさ」という2つの評価が目立ちます。
東京スカイツリーを選んだ人のコメントでは、「存在感」や「高くて遠くからでも目立つので」、「天気予報のための観測設備も整っているところ」など、「スケール感」と「技術力」という2つの観点から評価したものが目立ちました。
行ってみたいのは「東京スカイツリー」、愛着があるのは「東京タワー」「行ったことがあるのはどちらですか?」という質問では、「東京タワー」が78.2%に対し、「東京スカイツリー」は39.1%でした(「どちらも行ったことがある」との合計値)。圧倒的に「東京タワー」の方が多いようです。一方、「どちらの塔に行きたいですか?」を見ると、「東京スカイツリー」が59.7%、「東京タワー」が40.3%という結果に。「東京スカイツリーに行きたい」を選んだ人の理由を見ると、「高所恐怖症だけど展望台からの景色を見てみたいから」や「高いところからの眺めとソラマチを見てみたいから」、「634mの高さから富士山を見たいので」といったコメントが目立ちました。634mというあの大きさを体験してみたいという声のほか、ソラマチなど周辺施設への興味も強いようです。